お問い合せ

スタッフブログ

自分で作ってホカホカを食べる!ちくわ作り体験@「夕月かまぼこ」~いわきドライブ旅⑥

 2019.07.02 

こんにちは、トヨタレンタリース福島 サトウです。

今回も前回に続き、県内で最も広い面積を持つ「いわき市」のドライブ旅第2弾です。これから夏休みに向けて、大人から子供まで楽しめるスポットとして、いわきの名産品、かまぼこの手づくり体験ができる「いわきかまぼこ工房」をご紹介します。ここは、白とピンクが定番の板かまぼこの生産量が日本一!創業昭和26年「株式会社 夕月」が運営しています。「ゆ、ゆ、夕月食べましょう~ゆ、ゆ、夕月かまぼこだ~♪」の懐かしいCMソング。福島県民なら一度は耳にしたことがありますよね~♫
IMG_4589

◆手づくり体験が人気の「いわきかまぼこ工房」

いわきかまぼこ工房では、さまざまなかまぼこ作り体験ができます!今回は出来たてを食べることができる、昔ながらの「たけちくわ」作りに挑戦。上手にできるかドキドキです😅

IMG_4588この日は、夕月の商品の中でも特別な商品を扱っている店舗「美味一膳」の店主 四家さんと長瀬さんにお世話になりました。
IMG_4565まずは、衛生管理をしっかりと。白いネットを被り、エプロンを付け、手を洗ったら次は消毒。それが済んだら、たけちくわ作りのはじまりです。
IMG_4497テーブルそのものが大きなまな板になっていて、ちくわ作りに必要なかまぼこ包丁(ヘラのように使うので切れないので安心)ちくわを巻きつける竹の棒が準備されています。
IMG_4570そしてかまぼこの材料は、スケソウダラのすり身を使います🐟全長は1mもあるんですよ。
IMG_4502まずは、先生のお手本をしっかり見ながら、すり身をヘラで捏ねていきます。
IMG_4512魚のすり身に空気が入らないように、まな板の上で叩いて、伸ばしてを繰り返して、中にある空気を抜きながら、よく練り、薄く正方形に広げ形を整えていきます。
IMG_4516さすが、先生。見事な手さばき✨
IMG_4521先生の手さばきがスイスイと滑らかなので、簡単にできると思いきや、いざ自分がやってみるとこれが思いの外上手くいかな~い💦IMG_4519見よう見まねで、がんばるぞ~💦ヘラを握る手は必死です。IMG_4528すり身の形が整ったら、竹棒の中央に巻きつけます。IMG_4530ヘラを上下にゆっくり移動させて、すり身を巻きつけていきます。「その調子~。大丈夫大丈夫!」IMG_4540端から少しずつ巻きつけていくのですが、これが結構力が入ってしまう。IMG_4544単純そうに見えますが、難易度高めです~。IMG_4547少しのすり身も残さないで、形を整えていくと…何とかちくわっぽくなってきたかな??IMG_4549ジャーン!完成です😆✨
IMG_4563最後の仕上げは、四家さんにお願いします。ちくわ焼き機で回しながら加熱します。一生懸命作りましたが、いびつな形は愛嬌で。
IMG_4576約20分ほど焼いて完成です。「待ち遠しいなぁ~」
IMG_5156香ばしく焼き上がったちくわ。「ん~、良い香り♪」ちくわは、焼き上がるのが早く、体験後焼き立てをすぐに食べられるのがうれしいですね。自分で作った出きたてのかまぼこは格別においしかったです!IMG_4499時間があれば、かまぼこに好きな絵や文字を描く「かまぼこアート」も体験できます。こちらは蒸して仕上げます。小さなお子さんも喜んで作れそうですね。こちらの体験教室は午前中のみ。早めの予約が必要です。

◆夕月のハイブランド店舗「美味一膳」

また工場の一角には、夕月の商品の中でも特別な商品を扱っている店舗「美味一膳」があります。遠方からのお客様も多く訪れるそうです。
IMG_4591昔はどこの工場も、すべて手作りで作られていたというかまぼこ。こちらでは、原料と昔ながらの手作り製法にこだわり、原材料である魚や塩、油に至るまで厳選し、保存料を一切使わずひとつひとつ丁寧に手作りされたこだわりのかまぼこが並びます。
IMG_4603
IMG_4594ヤナギガレイの稚魚をイメージした、かわいいと女性に人気の「浜やなぎ」チーズが中に入って、表面を焼いているので香ばしく美味しかったです。
IMG_4612 - コピーこの日、売り切れてしまっていた、店主オススメの「イカガール」。
IMG_4614試食をいただきましたが、煮穴子入りのすり身をイカの中に詰めて蒸し上げていて、魚肉とイカの絶妙な味が後ひく美味しさでした。
お寿司のような容姿がかわいらしい「一膳てまり」。海の素材「帆立・蟹・穴子・海老・鮭」の5種類あります。ちょっとしたお土産に喜ばれると思います。■写真:美味一善HPより

◆平安からの日本の食文化に触れる時間

IMG_4602庭園を眺めながらかまぼこを食べたり、お茶のサービスもあります。自分で作ったものが完成に近づく過程はオトナになってもワクワクするひとときです。古くは平安時代から作られていたといわれるかまぼこの歴史。老舗メーカーでの手作り体験、家族みんなで楽しんでみてくださいね。

【いわき かまぼこ工房】
住所:福島県いわき市泉町滝尻字松原55
電話:0246-75-1666
定休日:毎週水曜日、臨時休館日、年末年始
http://www.kk-yuzuki.co.jp/

催行時期:毎週水曜日、臨時休館日、年末年始を除く毎日
受入可能時間:第1回10:30~、第2回13:30~(人数制限:40名)
所要時間
・かまぼこアート&たけちくわ作り 60分
・かまぼこアート作り 60分
・たけちくわ作り 30分
料金
・かまぼこアート&たけちくわ作り 500円
・かまぼこアート作り 300円
・たけちくわ作り 300円
注意事項
・幼稚園、保育園未満のお子さまは、保護者同伴でご参加

◆いわきドライブ情報

「いわきかまぼこ工房」近辺には、潮目の海がテーマで体験型水族館「アクアマリンふくしま」や、いわきの良いものがギッシリつまった観光物産センター「いわき・ら・ら・ミュウ」、いわきの海や絶景が楽しめる「小名浜マリンブリッジ」と、見どころ満載です🚗いわきの夏はドライブにぴったりです。


<<   |   >>