お問い合せ

スタッフブログ

最終目的地は縁結びの「南湖神社」。松平定信公の強力パワーで良縁に導かれる?!〜白河開運女子旅⑤

 2019.01.25  中通り

こんにちは、トヨタレンタリース福島 サトウです。

シリーズでご紹介した、レンタカーで巡る白河開運女子旅も最終目的地へ。

開運と言いながら、ハンバーガーやらラーメンやら最中やら、グルメばかりの記事でしたが…

そう、メインの神社参拝は最後にとっておいたのです!

締めくくりは、日本最古の公園南湖公園(なんここうえん)を作った江戸時代の白河藩主、松平定信をまつっている南湖神社(なんこじんじゃ)へお参りに伺いました。東北自動車道白河ICからは車で10分の場所にあります。

実はここ、福島県内でも特に縁結びにゆかりのある神社として有名なんです。IMG_4504南湖神社のすぐ横に無料の駐車場があり、参道も広く本殿までもそう遠くないため、足の弱い方でも参拝しやすいですよ。

◆どのような願い事でも、正しく真っ直ぐに導く神様・松平定信公がお出迎え

IMG_0139南湖という名称は、松平定信公の居城であった小峰城(こみねじょう)開運女子旅シリーズ①▶東北三大名城「小峰城」&福を呼ぶハート型の「白河だるまバーガー」で験担ぎ〜白河開運女子旅①
の南にある湖であることから付けられています。ご祭神の白河藩主・松平定信公は、身分に関係なく誰でも楽しめる「公園」という空間を日本で一番最初につくられ、また白河の男性と会津の女性を引き合わせ縁を取り持ったという逸話から、実在した縁結びの神としてまつられています。IMG_4477鳥居から先は神様のいらっしゃる神聖な場所。とても静かで穏やかな空気に包まれながら、本殿の前にたどり着くと「よく参ったな…」と定信公に声をかけられたような。ここまで無事に訪れることができた感謝の気持ちで一杯になり、今ある日常がとても有難く思えました。IMG_4479お神酒のお福わけもあります。※運転される方は遠慮して下さいね。

◆とにかくかわいい!縁結びのおみくじ♡

IMG_0146
IMG_0144境内には社務所があり、社頭も開かれていました。神札(しんさつ)や守札(まもりふだ)、破魔矢、絵馬などを授与しています。やっぱり気になる恋みくじ!このかわいいピンクのおみくじを引くだけで良いことがありそうですね。

また、定信公が学問を究められた人であることから、合格祈願のお守りなども受けることができます。大切な人の幸せを願って、お守りを頂いた人にも幸せのお福わけ。日本には素敵な文化が残っています。

◆鳥居の真ん前!絶妙ロケーションの不思議な「洋館カフェ」

最近じわじわ話題に上がる「神社カフェ」はよく目にするようになりましたが、ここ「Lamp・Cafe」は南湖神社の入り口にあり、歴史ある神社のエネルギーを感じながら、優雅にティータイムを楽しむ、まさに歴史に身を任せたくなるような、非日常的な空間が広がっていました。IMG_0150
IMG_0158

Lamp・Cafeは、旧西白河郡役所の建物を改装しこの場所へ移築。歴史を感じる重厚で美しいレトロモダンな建物です。

引き寄せられるように玄関に辿り着くと…
IMG_9112思わず「開けゴマ!」の呪文を唱えてしまいそうな気持ちを抑えて、入口の扉をそっ~と静かに。扉が開け放たれた店内へ。IMG_0159

A00002711item0011260そこは、非現実的でありながら、どこか懐かしい空間が広がっていました。洋風のレトロな内装に目を奪われます。IMG_0163
IMG_0165
IMG_0167店内はとても広く、静かなBGMが流れ、暖かな灯に包まれながら時間がゆっ~くり流れています。どこに座るか迷いながら、私たちが選んだ席は、どこか懐かしいひとり掛けの大きなソファ。「おじいさんのソファ」と呼ばれていて、とても人気の席なんだとか。その時のシチュエーションで席を選べるのが素敵です。皆さんも訪れた時の楽しみになるよう、ここでは紹介しないことにしますね。

少しドライブに疲れた身体に、まだまだ楽しみが待っています。同じ敷地にあるケーキ店「魔法のランプ」のパティシエの手作りケーキと丁寧に入れられた、コーヒーや紅茶も一緒に味わえるのです。魔法がかかった、数種類のケーキがプレートに運ばれてきました。IMG_0367各種ケーキは日替わりで、飲み物と合わせて注文すると500円(単品550円、飲み物は別料金)で楽しめます。この日はたま~に出るケーキ、ブルーベリーヨーグルトムースとシンプルで上品な甘さのイチゴのショートケーキ、心身を癒すレモングラスをベースにした「心雫」と言うハーブティーを頂きました。IMG_0169これがとても美味しくて、思わず「幸せ~♡」と言葉にしていました。IMG_0187優しい木漏れ日の中に、可愛らしビンクの建物が隣接するケーキ店「魔法のランプ」です。
IMG_0153
IMG_0152作家さんの作品や、小さくて可愛いお菓子も並んでいます。Lamp・Cafeで頂いたケーキやハーブティーはこちらで買うことが出来るので、嬉しいですね。IMG_0160
IMG_0156訪れたお店すべて、お客様に喜んでほしいという、おもてなしの心に触れ、清潔感が漂い、白河という街の凛とした伝統、私たちも学ぶことが沢山ありました。もう一度ゆっくり歩いてみたいなぁ・・みなさんもぜひ足を運んでみて下さいね。IMG_0185春には湖の周りに、ソメヨシノが満開に。
IMG_0149
歴史ある街並みは、駐車場や道幅が狭いなどの難所も沢山。でもコンパクトで小回りの利く新型パッソなら大丈夫。運転が苦手な女性もしっかりサポートしてくれますよ。白河市への素敵ドライブ旅は、トヨタレンタリース福島郡山駅新幹線口がお手伝いいたします。福島県には、まだまだ素敵な場所が数多くあります。ドライブ旅を通じて、色んな縁をつないでいきたいです!次回もお楽しみに。

🚗郡山駅新幹線口の予約はこちらから

※南湖神社
住所:福島県白河市菅生館2
アクセス:東北自動車道 白河ICもしくは白河中央IC(ETC専用)を降りて「南湖公園」に向かってお進みください(所用約10分)日本庭園「翠楽苑」に隣接した場所にございます。

※魔法のランプ
住所:福島県白河市五郎窪37-1
TEL:0248-22-0727
営業時間 10:30~18:00(売切れの場合、早めに閉店)
定休日:水曜日(1月、5月、8月に連休あり)
カフェ利用(Lamp・cafe)は0248-29-8170
ピンク色の小さな建物が魔法のランプになります。
★お店がある南湖公園は、日本で最初に市民に開放した公園です。春は桜、秋は紅葉など四季折々楽しめます。お店にいると時間がゆっくりと流れてるような、そんな感覚を楽しんで下さいね。

レンタカーでめぐる白河開運女子旅、前回までの記事はこちら↓↓↓
▶東北三大名城「小峰城」&福を呼ぶハート型の「白河だるまバーガー」で験担ぎ〜白河開運女子旅①
▶憧れのラーメンを求めて♡田んぼの中の聖地「とら食堂」は感動の味!~白河開運女子旅②
▶願いを成就&クリエイティブ体験☆「白河だるま」の絵付けで開運!?~白河開運女子旅③
▶ノスタルジックな街並みと城下町グルメ!白河市をぶらり散策~白河開運女子旅④

ノスタルジックな街並みと城下町グルメ!白河市をぶらり散策~白河開運女子旅④

 2019.01.23  中通り

こんにちは、トヨタレンタリース福島 サトウです。

ご好評いただいております、レンタカーでめぐる白河開運女子旅、まだまだ続きます!
前回までの記事はこちら↓↓↓
▶東北三大名城「小峰城」&福を呼ぶハート型の「白河だるまバーガー」で験担ぎ〜白河開運女子旅①
▶憧れのラーメンを求めて♡田んぼの中の聖地「とら食堂」は感動の味!~白河開運女子旅②
▶願いを成就&クリエイティブ体験☆「白河だるま」の絵付けで開運!?~白河開運女子旅③

4回目の今回は、白河市内の「街めぐり」。白河市の中心街は約400年前、小峰城とともに奥州街道沿いに白河藩の経済の中心として城下町が建設されました。白河の街はレトロ感満載!歴史と文化を堪能したところで、訪れたらぜひ立ち寄りたいコアなグルメ系のお店をご紹介します。

◆昭和レトロな外観がかわいい!地域で長く愛されるパン屋さん

IMG_0099
街中を散策していると、昭和にタイムスリップしたような、昔懐かしい雰囲気の看板が目に留まりました。白河市本町にある「山田パン」さっそく店内に入ることに。ん~い~い香り!沢山のパンがお出迎え!山田パンは地元で愛され60年、ここで暮らす人達の人気のパン屋さんでした。IMG_0107
IMG_0108
640x640_rect_97917701お手頃価格なのに、ホントに種類が豊富。そしてネーミングが謎で笑えます。チョココロネではなく「チョコサザエ??」人気なのか?売り切れてしまっていましたが、カレーパンも「あめ色玉ねぎカレーパン」「牛すじカレーパン」など複数あります。そそられる名前、全部食べてみたい!
IMG_0112昔なつかしのパンばかりかと思いきや、自然発酵のライ麦を48時間寝かせた山田パン自慢の「超熟フランスパン」250円。食してみると、外はカリカリ、中はモッチリの本当に美味しいバケットでした。昭和レトロな店の雰囲気と本格バケットのギャップにやられます…。

そして山田パンと言ったら!「あんバター」白河のソウルフードと言われ人気No.1!
IMG_0101
IMG_0189あんバターパンは、餡とバターがはみ出るくらいしっかり入っていて、まずパンが美味しい~!
IMG_0289山田パン人気No.2コッペぱん」20cmもあるコッペパンに数種類のフレーバーを挟んでもらえます!ジャム・ピーナツ・マーガリン・コーヒー・カスタードクリーム・チョコ・とろ~りあん・季節のフレーバーなど。今回は店員さんのオススメで季節のフレーバーきなこを挟んでもらいました。IMG_E0334楽しみは後からと思っていましたが、このパンを眺めていたら車に乗った瞬間「パクリ」しっとりしたきなこが優し~いお味。見てください、このきめ細かなパン生地。毎日食べても飽きのこない味です。作っている人の優しい思いが伝わります。IMG_0109山田パン人気No.33色ロール」ハム・たまご・サラダの調理パンです。IMG_0196店内はパンだけでなく、シュークリーム・フルーツサンド・ロールケーキなどもあります。山田パンは一口食べると笑顔になれるパンが沢山!みなさんも昔を懐かしみながらぜひ頬張ってみて下さいね。

◆目が合ったら、思わず手にとりたくなる老舗の「だるま最中」

IMG_0098こちらの老舗和菓子店白河菓匠「大黒屋」は、創業明治40年100年以上和菓子を作り続けている歴史あるお店。先程の山田パンから数百メートルの場所にあります。こちらのお店にはさまざまな和菓子が売られていますが、なんといってもおすすめは「だるま最中」です。IMG_0095ここ白河市中町の本店以外にも工場が併設されお休み処もある新白河店もあります。IMG_0092ミニだるま最中の中に可愛いだるまさん!女子の心をぎゅっとつかまれます。受験生や女子社員も、こんなに可愛いお土産を貰ったらきっと喜んでくれますよ。IMG_E0337皮はサクッと、中にはたっぷりのあんこが詰まっていて優しく上品な味わい。しかも、餡の品質が良く、中にお餅が入っているので、お湯を注げばぜんざいになるというスグレモノ。

手のひらにすっぽり入った最中とだるま。もちろん愛くるしいだるまは机に飾っておきたいと思います!縁起が良いと言われている白河だるまのお土産をぜひ手にとってみてくださいね!
IMG_4436旅のお供のパッソのトランクルーム!沢山おみやげ袋を積んでも、まだ大丈夫です(^^)/

◆舞台俳優をしていたご主人が営む大島屋蒟蒻店

最後に訪れたのは江戸時代創業200年。参勤交代時代に夏は花火、冬には蒟蒻製造を生業に大名より「大島屋」の屋号を持つ老舗の「大島屋蒟蒻店」へ。IMG_0319東京で舞台俳優をしていた店主のセンスが光る素敵な内装。店頭や食卓ではあまり主役になることのない蒟蒻を「おいしくて、おもしろくて、かっこいい」そんな風にひとりでも多くの人に楽しんで貰えるようにと、数年前に母屋の土間を改装してショップをオープンしたそうです。IMG_0328
IMG_0313
IMG_0318
IMG_E0317
o0960072014250762618大島屋のロゴは花火職人と蒟蒻作りの二足のわらじを履くお父さんとご先祖様たちへの敬意が込められています。そんな思いを込めて丁寧につくられた蒟蒻がキラキラしながら店頭に並んでいます。そして、こちらにも白河だるまがさりげなく飾られていますが、その空気にとてもよくなじんでいて素敵だと思いました。
IMG_0308最後に、実は蒟蒻は開運食材なんだとか。この時期お煮しめにする「手網蒟蒻」は”手網結び”と呼ばれることから、縁を結ぶ強いパワーがあるといわれています。ちなみに手網蒟蒻にする蒟蒻は、老舗店で購入するのがポイント。これは老舗に代々引継がれてきた永続製のパワーが宿っているためだそうです。白河市に訪れた際には、ぜひお土産を選びに立ち寄ってみてくださいね。

白河市でのドライブ旅は、トヨタレンタリース福島郡山駅新幹線口店がお手伝いいたします。次回は開運女子旅最終章です。お楽しみに。

🚗郡山駅新幹線口の予約はこちらから

■ご紹介した3店舗は、白河ICから車で15分の場所にあります。
山田パン
住所:福島県白河市本町55
TEL:0248-27-3330
営業時間 8:30~18:00
※土曜・祝日 17:00まで
※日曜 10:00~16:30
店休日:1月1~3日
※駐車場有り

白河菓匠 大黒屋
【本店】
住所:福島県白河市中町44
TEL:0248-23-2098
営業時間 9:30~17:30
定休日:日曜日
【新白河店】
住所:福島県西白河郡西郷村豊作東11
TEL:0248-22-5788
営業時間 9:00~19:00
定休日:火曜日
※駐車場有り

大島屋蒟蒻店
住所:福島県白河市天神町6
TEL:0248-23-2704
※金曜日~日曜日 11:00~20:00のみOPEN(第2・第4日曜定休)
※駐車場がない為、近隣の駐車場に停めて下さいとのこと。

願いを成就&クリエイティブ体験☆「白河だるま」の絵付けで開運!?~白河開運女子旅③

 2019.01.18  中通り

こんにちは、トヨタレンタリース福島 サトウです。

引き続き、白河開運女子旅をお届けします。
ドライブ旅もまだ前半ですが、この町を訪れると不思議とhappyな気持ちになってきました。IMG_0364それはご紹介する「白河だるま」を至る所で目にするからなんです!国道を走っていると、巨大だるま発見!さすがだるまの町!私達もさっそく工房を訪れることにしました。場所は東北自動車道白河ICを降りて、奥州街道を車で15分のところにあります。レンタカーならナビも付いているので目的地まで安心です。

◆福島の伝統工芸から感じるもの。嬉しい!かわいい!

私たちが伺ったのは、白河だるま総本舗 渡辺だるま店です。
現在は14代目の渡邉高章さんが家業を継いでいます。
IMG_0119
白河だるま」は約300年の歴史を持つ福島県指定の伝統的工芸品です。髭は亀、眉毛は鶴、あごひげは竹、耳髭に松と梅が描かれていて白河だるまは縁起物として江戸末期より地域の方々に親しまれ続けています。
IMG_0137毎年建国記念日の2月11日に開催される「白河だるま市」にむけて、冬の製造はピークでしたが、快くだるまの絵付け体験をさせていただきました。IMG_0136職人さんが絵付けする姿は、下書きなしで見事な筆さばき!さすがです。IMG_0121絵付けの前にだるまの特徴を色々伺いました。「松・竹・梅・鶴・亀」5つの縁起物がすべて顔の中にあるのが最大の特徴。「え~今までそんな事を考えながらだるまを眺めたことがなかったなぁ」
まずは、中々お目にかかれないお姿のだるまを一人一個。IMG_0127何かを真似て描くもよし、全く違うデザインでもよし。願いを込めながら筆を入れていきました。「うわ~手が震える~」思った以上に難しく、仲間とのおしゃべりもなくなる位、真剣に描きました。IMG_4464絵付けを始めて約1時間。ジャーン!どうでしょう?個性が出ているだるまたちが出来上がりました。どこか本人に似ていたり、一段と愛着が湧いてきました。可愛い♡だるまさんの赤い色は、魔除けの力を持つという考えから用いられてきました。だるまの目の入れ方は願をかける時は向かって右側の目、願いが叶ったら向かって左側の目とするのだそうです。IMG_0125
IMG_0126赤以外のだるまも近年では珍しくありません。渡辺だるまでは、今までのだるまの概念をなくして様々なカワイイ♡を製作しています。縁起が良いという理由だけじゃなく、カワイイと思い、だるまをインテリアに取り入れてもらえることが嬉しいと伺いました。最近ではLINEやBEAMSとのコラボだるまが人気になっています。

◆白河だるまは幸運の象徴

白河だるまは、皆さんにも福を運んでくれますよ。お土産に貰ったらとても嬉しいですね。IMG_01202019年のスタートは、縁起物の白河だるまと一緒に…。

日々の暮らしに癒しを与えてくれそうです。福島の伝統工芸から、日本の文化の良さを感じることができた一日でした。IMG_4452絵付け体験はお子様から大人まで楽しめますので、ぜひ訪れてみてくださいね。渡辺だるま店へはトヨタレンタリース福島 郡山駅新幹線口からが便利です。次回はHappyな白河の町をぶらりします。お楽しみに。

※白河だるま総本舗 渡辺だるま
住所:福島県白河市八竜神98
予約電話:090-2275-2677
営業時間 10:00~17:00(受付16:00まで)
定休日:不定休
体験料金:600円
所要時間:1時間程度
駐車場:有り
★予約制ではありませんが、連絡をしてからのほうが確実です。

憧れのラーメンを求めて♡田んぼの中の聖地「とら食堂」は感動の味!~白河開運女子旅②

 2019.01.17  中通り

◆初めて白河ラーメンを味わうなら絶対おすすめ「とら食堂」

こんにちは、トヨタレンタリース福島 サトウです。

前回の開運女子旅①白河市小峰城から車で約10分。今、日本全国で「とら食堂」ブームがおきるほどの人気店があります。
IMG_0250
田園風景の美しい双石(くらべいし)という田舎にあり、最寄りの白河駅からのアクセスも決して良いとは言えない場所にあるので、遠くからいらっしゃる方はレンタカーで訪れることをおすすめします。IMG_0287田んぼの真ん中にある店舗には、50台近くある専用駐車場もあっという間に満車です。すごい光景です。
IMG_0252私たちが訪れたのは、開店同時刻11時。開店前から行列ができているとは聞いていましたが、これほどの行列とは!さすがに驚きました。待っている間も甘~いチャシューの香りに誘われ、ワクワクしながらさらに期待度が上がります。IMG_E0253

◆長蛇の列に並ぶコツ

人気店で行列覚悟ですが、並び方のコツがあります。

店頭入口の記帳欄に名前を記入してから待ちます。赤文字で次に案内される時間の目安と順番が書かれてあるので、車で訪れれば車内で待っていることや、外にもトイレが完備されていているので女性でも安心です。周辺をぶらりすることも出来ますよ。IMG_0267約1時間半後、待ちに待った店内へ。店内はとても広く、通常のテーブル席、カウンター席、掘りごたつの小上がり席もあります。家族連れでも楽しめます。そしてラーメン店だというのに、整然としてとてもキレイ。これには驚きました。IMG_0266

タペストリーに目をやると「我がとら屋、人は人格、そばは味」店主の人柄が伺えます。IMG_0265

◆2時間待ってでも食べたいラーメンには理由がある

厨房に二代目の店主や女将さんの姿が。見ていると、とにかく丁寧に作っていることが良く分かり、長時間待つことに納得ができました。IMG_0262すっごく悩みましたが、せっかくなので、人気のチャーシューもワンタンものった焼豚ワンタン麺を注文。半熟煮玉子もつけました。女性の方は麺少なめで注文することもできますよ。p 白河ラーメンの特徴は麺にあります。食材は天然ものにこだわり、手打ちでコシのあるちぢれ麺とスープが良く絡み合います。ほうれん草、メンマ、のり、ナルト、チャーシューも、これぞ白河ラーメン!わぁ、♡ のチャーシュー発見(^^♪IMG_0273スープは鶏から豚からのあっさりした醤油の旨味を凝縮したスープが温かくかく染み入ります。IMG_0276プリプリつるんとした皮とスープの喉ごしがクセになるワンタン。IMG_0275炭で燻したモモ肉のチャーシュー。間違いない美味しさです。650x_39839886途中、薬味に「玉ねぎのみじん切り」をひとさじ入れると玉ねぎの味が広がり、まろやかになります。
5bc62a8f70c36d036cef79101f19f3feおみやげに生ラーメンも販売しています。1箱三食入り870円です。おみやげで貰ったら、きっと白河市まで足を運びたくなるはずです。

pキラキラ輝くスープは最後の一滴まで気持ちよくいただきました。優しく穏やかな表情でお客様一人一人丁寧に「ありがとうございます」と店主のお客さんへの目配りが素晴らしかったです。わざわざでも行く価値がある店とはこういうことだと、感動してとても幸せな気持ちになりました。本当においしかったです!ごちそうさまでした。IMG_0256
《追加情報》
新幹線とバスを乗り継いで来ると、11時開店ですが帰りのバスは13時しかありません。とら食堂へのアクセスはトヨタレンタリース福島郡山駅新幹線口からがおすすめです。見どころいっぱい、開運女子旅はまだまだ続きます。

🚗郡山駅新幹線口の予約はこちらから

※とら食堂(とらしょくどう)
住所:福島県白河市双石滝ノ尻1
白河インターから車で7分
白河駅から車で5分
電話:0248-22-3426(予約不可)
定休日:月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
営業時間
11:00~14:30(土・日は14:00)
16:00~18:00
※材料がなくなり次第終了
※通し営業の場合もあり
※車椅子用スロープあり

東北三大名城「小峰城」&福を呼ぶハート型の「白河だるまバーガー」で験担ぎ〜白河開運女子旅①

 2019.01.11  中通り

こんにちは、トヨタレンタリース福島 タカハシです。

新年第1弾は、ノスタルジックな街並みが残る白河市で開運+グルメを楽しむHappyなドライブ旅をご紹介します( ˊᵕˋ )♡.°⑅
ZYbWeVgh09cbc9x1547104621_1547104650今回使用したレンタカーは新型パッソ🚗コロンとしたフォルムがかわいいです。「軽じゃないK」というキャッチフレーズを聞くと、ん…?とみなさん思うかもしれません。パッソが軽になったわけではありませんよ~Kの意味は、
K カイテキ
K カワイイ
K カッコイイ 
なんです!黒はかっこいいけどかわいくもある、そして女子でも運転できるコンパクトなサイズ感。4WDもあるので雪の日も安心です⛄
IMG_0012-minベンチシートもいいですよね。CMでもおなじみマツコ・デラックスさんでも乗れるコンパクトカー!室内空間が広いことを証明しています…確かに広々とした車内でした♡
IMG_0020-min美しい吾妻小富士に見送られていざ出発。
cGwPZ4tUYBiWZve1547106730_1547107611さて、まず向かうのは小峰城!東北自動車道・白河ICを下車し、約10分です。広い無料駐車場があるので安心です。お天気も快晴♪

◆高度な技法の石垣が見られる『小峰城』

IMG_0024小峰城は日本百名城のひとつで、東北では珍しい総石垣造りの城です。会津若松城、盛岡城とともに東北三名城のひとつにも数えられています。
IMG_0037決して大きなお城ではありませんが、この石垣が見事です。
IMG_0041-min本丸下から見上げると前御門と三重櫓、本丸の正面だけありかなり立派で堂々とした構えです。
IMG_0028約650年前、結城親朝が築いた城で明治維新前の戌辰の役で焼失しましたが、平成3年三重櫓を復元、かつての建築様式そのままに忠実に再建されました。※2011年東日本大震災で石垣が崩壊してしまい、現在は復旧工事が続いています。
shirakawa_komine-49_0609三重櫓の頂上。かなり狭いです。
IMG_0049-min白河は戊辰戦争での激戦地となった所で有名ですが、鉄砲狭間から外を眺めると、歴史や背景と戊辰150年の今、先人の思いがあふれてきそうです。

◆ご当地バーガー「白河だるまバーガー」で開運に期待!

IMG_0031-min敷地の中に「二ノ丸茶屋」というお休み処があります。ちょっと休憩(*ˊᵕˋ*)੭

IMG_0032-min
甲冑着付け体験もできるそうですよ~。
IMG_0056-minさてさて、包みもかわいいこれは何でしょう?こちらは、ご当地バーガー「白河だるまバーガー」です!見てください!ハート型のバンズに白河名産だるまの焼き印が施してあるんです。かわいい~♥しかもこのだるま、ただの焼き印ではなく、食べた人が幸せになるよう南湖神社で祈祷した焼き型で絵をつけているんだそう。南湖神社、行ってみよう( •ᴗ• )♬
IMG_0063-minバンズは白河米粉を使用し、中には白河のブランド豚「白河高原清流豚」カツが挟まれています。カツはスパイシーなカレー味で食欲をそそります~個人的にはスマタードととても合っていました☆開運食材のトマトやチーズもとろ~りたっぷり。縁起物のだるまと験かつぎのカツ(勝つ)をかけて運気を上げるバーガー、ふっくら・もっちもちです。これからの季節、受験生にもオススメですね。

お店では小峰城グッズやお土産も購入することができます。ミニだるまが甲冑を着ていたり、だるまの形の瓶にお酒が入っていたり…女子が好きなものばかりでした。

みなさんも小峰城を眺めながらゆっくりとした時間を過ごしてみてください♪

※小峰城
住所:白河市郭内1
見学時間 三重櫓 9:30~17:00(4~10月)、9:30~16:00(11月~3月)
定休日:年末年始(12/29~1/3)
駐車場:あり(無料)

※二ノ丸茶屋
住所:小峰城内
営業時間 10:00~17:30(3~10月)、10:00~16:30(11月~2月)
定休日:年末年始(12/29~1/3)毎週水曜日(12月~3月)8月第1日曜日

謹賀新年

 2019.01.04  日常

0506-012
明けましておめでとうございます!

トヨタレンタリース福島です。

昨年は始めたばかりのブログを読んでくださり、ありがとうございました。たくさんのお客様との出逢いに支えられ、心より感謝申しあげます。今年も、福島でのドライブ旅がさらに楽しくなるお手伝いができるよう、情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします☆

来週は2月11日の「だるま市」に先立って白河市の見どころをアップ予定です。お楽しみに♪