お問い合せ

スタッフブログ

地元民に人気!喜多方ラーメンの新騎手「うめ八」で朝ラー!

 2020.02.22  会津地方

★ふくしまワンデイドライブFacebookページオープンしました★
https://www.facebook.com/onedaydrive/

こんにちは、トヨタレンタリース福島 タカハシです。
今回は喜多方ラーメン「うめ八」さんをご紹介します。

◆旅のスタートは「朝ラー」

取材日は早めに出発して、本場の「朝ラー」を味わいました!

みなさんは「朝ラー」という言葉をご存知ですか?起源は諸説ありますが、喜多方の暮らしとは切り離せないものとなっています。

IMG_0381

喜多方では朝からラーメン屋さんが開いていて、今では「朝ラー」と呼ばれ観光客にも親しまれるようになりました。うめ八さんも朝7時開店です🕖

DSC_0017-min

地元の方にご推薦をいただいたこちらのお店は、2014年にオープンしたばかり✨

暖簾も洗練されていてシンプルでオシャレ…女性でも気軽に入れます。

DSC_0047

お席は正面にカウンター、右手に広いテーブル、左手にはお座敷があり幅広い人数に対応できるようになっています。

DSC_0025-min

お店はとても広いわけではありませんが、すっきりと整理整頓されていて清潔感があります。

DSC_0023-min

◆自信を感じるシンプルなメニュー

メニューはシンプルに4種類あり、それぞれ醤油味と塩味から選べます。

こちらは「しょうゆラーメン」650円🍜

きれいな琥珀色であっさりとしたスープ。ちぢれ麺によく合います。つるつるっと食べることができて、スープも全部飲み干せるほどあっさりしていますよ~😊


この投稿をInstagramで見る

福島ワンデイドライブ(@toyota.rent.a.car_fukushima)がシェアした投稿

こちらは「塩ネギチャーシューメン」1,200円🍜

澄み切った飴色のスープにとろっとろのチャーシュー。個人的にネギが大好きなので、こんもりと盛ってある白髪ネギに大興奮でした😍

DSC_0029-min

あ、冬期限定「塩バターコーン」850円があったなんて!注文すればよかったかな~。

ちなみに、ラーメンは麺の硬さと味の濃さが注文可能だそうです。こだわりのある方はぜひ…自分好みにオーダーできるなんてうれしいですね☆

DSC_0045-min

駐車場も完備ですので、ドライブ旅の途中にぜひ立ち寄ってみてください🚗✨

人気店のため、土日は混雑している場合が多いです。お気をつけください!

DSC_0053-min

🚗喜多方ドライブ旅おすすめPART1でもご紹介►ラーメン、喜多方牛、ピーナツ、そして絶景!「新型ライズ」で行く喜多方ドライブ旅①みなさんのドライブ旅の参考にしてみてくださいね🚗

★ふくしまワンデイドライブFacebookページオープンしました★
https://www.facebook.com/onedaydrive/

【ラーメンうめ八】
住所:福島県喜多方市字北町上47
電話:0241-24-5045
営業時間 7:00~15:00
定休日:月曜日(祝祭日の場合翌日)
駐車場:あり
※スープがなくなり次第終了

ラーメン、喜多方牛、ピーナツ、そして絶景!「新型ライズ」で行く喜多方ドライブ旅①

 2020.02.19  会津地方

★ふくしまワンデイドライブFacebookページオープンしました★
https://www.facebook.com/onedaydrive/

◆ラーメンだけじゃない!美味しいものがたくさんある喜多方を完全ガイド

こんにちはトヨタレンタリース福島 サトウです。

今回のドライブ旅は、福島市から磐越自動車道経由 車で約1時間半、郡山市からも約1時間で行ける、歴史感じる蔵のまち「喜多方」。

冬のこの時期は、雪景色がとてもロマンテックな場所です。

喜多方と言えば、ラーメンはもちろん意外なほど見どころいっぱい!美味、絶景と地元の人が太鼓判を押す鉄板スポットまで、日帰りでまわれるおすすめのドライブコースを2回シリーズでご紹介します。

◆次世代のスマートアシストを搭載「新型SUVライズ」で安心ドライブ

喜多方ドライブにオススメしたいレンタカーは、話題のコンパクトSUV「新型ライズ」
大きく見えますが、アクアとほぼ同じ長さ、横幅で運転がしやすく、狭い道もスイスイ。初めてで慣れない道のりでも、次世代の予防安全機能が充実しているので、女子でも安心してドライブが楽しめます。

DSC_0218

存在感のあるボディが、喜多方の美しい風景にもよく合いますよね♪

image
ラゲッジスペースも大きめにできていますので旅行にぴったり!
こちらの車種は「SUV1クラス」クラスとなります。

◆朝ラーあり、喜多方満腹グルメコース 所要時間5時間

5時間コースは、喜多方市内を食べつくし!
地元ならではの体験まであります。
ぜひドライブの参考にしてみてくださいね。

ラーメン うめ八】滞在時間40分

旅のスタートは、早めに出発して、本場の朝ラーを味わってみませんか。
喜多方では、朝からラーメン屋さんが開いていて、今では「朝ラー」と呼ばれ観光客の方にも親しまれるようになりました。
市内には100軒以上のお店があり、中でも私たちのオススメは「うめ八」さん。かの有名な「坂内食堂」出身の店主が営むお店です。
明るく清潔な雰囲気の店内は、女性でも気軽に入れますよ。

DSC_0018

王道の”しょうゆラーメン”650円
平手のちぢれ麺に、柔らか~い厚めのチャーシュー、あっさりした醤油ベースの済んだスープ。
この美味しいスープにレンゲを持つ手が止まりませんでした。

DSC_0039

②【ラーメン神社】滞在時間20分

割り箸をイメージした鳥居型モニュメントのある入口が目印の「ラーメン神社」。
喜多方らーめん屋さんの情報収集もできるラーメンミュージアムになっています。
ご神体はなんと”ラーメンどんぶり”!「麺むすび(縁むすび)」祈願ができちゃいます。

IMG_0243

祀られているラーメン丼ぶりは、喜多方ラーメンのルーツと言われる源来軒(げんらいけん)の器なんですよ~。
喜多でのドライブ旅では、どんなステキなご縁が待っているんだろうなぁ..

IMG_0363

インスタ映えしそうな、”喜多方らーめんソフトクリーム”
ほんのりとしょうゆの香、濃厚なバニラアイスは甘じょっぱい、しょうゆ味。餅で作ったナルトやアサツキ、お好みで黒コショウを振りかけていただきます。
おもいのほか、美味しいのでぜひ食べてみて下さいね。

IMG_0344

3月3日(火)までは、喜多方の各蔵で、古くから継承されてきた雛人形が数多く展示され店内はとても華やかな雰囲気です。
入場無料、ちょっとした休憩スポットにもぴったりです。

会津駄菓子 鳴海屋】滞在時間15分

創業1624年(寛永元年)、会津伝統の駄菓子のお店の「鳴海屋」さん。
IMG_9712

創業当時からお店の様子はとほとんど変わっていなそうです。
地元の人にとって慣れ親しんだ手作りの駄菓子は、素朴な味でとても美味しいですよ。

DSC_0110

山中煎餅本舗】滞在時間30分

サザエさんの漫画でも紹介されたこともある、創業明治33年老舗の「山中煎餅本舗」さん。喜多方の伝統的なお菓子「たまりせんべい」のお店です。

IMG_9685

会津産のこしひかりを使い、レンガ窯の炭火焼きで、職人が一枚一枚丁寧に手焼きしています。
せんべい炭火焼き体験(要予約)もあり、あつあつの焼きたてをその場で食べられます。ぜひ体験してみてくださいね。

DSC_0078

⑤【喜多方牛 長澤屋】滞在時間1時間

生産直売、和牛の一頭買いで極上の喜多方牛が食べられると、地元で超人気の焼肉店「長澤屋」さん。その割に安い!なので夜は予約の取れないお店と言われていますが、(月、火、水、木)の平日のみ、ランチの営業があり、長澤屋さんのお肉を味わうことができます。

IMG_9743

人気のレタスカルビ丼(790円)女性には嬉しいハーフサイズ丼(480円)もあります。
大ぶりの丼に、少し甘みがあるタレにつけたお肉がたっぷり。

DSC_0140

お肉の下にはレタスが敷いてあって、マヨネーズと合わせて食べると、とってもまろやかで美味しい~!!
ラーメンを食べたのを忘れるくらい、一気に食べてしまいました。
”この値段で、驚愕の美味しさに感動~”

DSC_0142

その他にもランチには、丼しゃぶ定食やお肉ゴロゴロ焼肉屋さんのビーフカレーなど、目移りしそうなメニューがそろっています。
狭い店内なので行列は必須ですが、地元の人気の味をぜひ楽しんでみて下さいね。

木之本漆器店】滞在時間1時間半

お腹を満たしたら、職人による美しい漆器や桐の粉人形などの手作り工芸品を制作・販売する「木之本漆器店」へ。
事前予約があれば、桐の粉の人形に絵付けが体験ができますよ。

IMG_9871

桐の粉の人形とは、会津特産、桐の木片をラーメン粉粘土に練り込み、手びねりして作成するそう。
木之本漆器店さんオリジナルのお人形です。
今回は、干支にちなんでねずみに絵付けをしてきました。

IMG_9780

2階は「桐のこ人形館」が常設されていて、無料で見学も出来ます。
ネコやネズミなど500体以上の表情豊かな人形たちが迎えてくれます。

IMG_9808

⑦【おくやピーナツ工場】滞在時間20分

木之本漆器店さんの真向かいに建っている、喜多方の〆はここで!というファンが多い「おくやピーナツ工場」。とってもかわいいピーナッツの看板が目印◎

IMG_9834

ピーナツ工場と言っても、小さな蔵造りの店内は4~5人入るといっぱいになるような、小さな豆菓子専門店。
店内ではいくつかの豆の試食ができ、好みの豆を見つけることができます。豆は種類豊富に揃えているので選ぶのも楽しいです。

IMG_9854

こでのイチ押しは、会津で栽培された落花生で作る”ロイヤルピーナッツソフト” 380円。
濃厚な甘みと刻みピーナツの香ばしさが癖になる美味しさです。

IMG_9860

冬季限定、数量も限定の”とろ~りピーナツクリームの入ったきんつば”160円。
あんこのイメージが強いきんつばも、おくやさんならではの濃厚なピーナツクリームが、もっちりした生地によく絡んで「うま~い!」
また食べたくなるお味です。

IMG_9846

⑧【恋人坂】滞在時間20分

レンタカーでのドライブの最後は、喜多方市から熊倉宿へと伸びる、「恋人坂」。
車があるからこそ行ける、絶景スポットです。
景色のあまりの美しさに恋人達が集うようになったのが、この名の由来とか。

DSC_0207

雄国山の裾野に広がる美しい景色は、フロントのガラス越しに、喜多方の夕日を正面に眺めることができる、地元っ子おすすめのデートスポットです☆

DSC_0218

リアルに歩く喜多方ドライブ旅、歴史ある街には魅力がいっぱいです!
☆引き続き、各コースの詳細と、オススメドライブPART2もありますので、お楽しみに..

★ふくしまワンデイドライブFacebookページオープンしました★
https://www.facebook.com/onedaydrive/

ビール園、ジェラート、こけし作り体験も!子供から大人まで楽しめる「四季の里」@福島市

 2020.02.07  中通り

★ふくしまワンデイドライブFacebookページオープンしました★
https://www.facebook.com/onedaydrive/

◆四季おりおりで楽しめる人気スポット「四季の里」

こんにちは、トヨタレンタリース福島 サトウです。

オリンピックイヤーの幕開けと共に、3月から放映となる福島市出身の大作曲家・古関祐而氏をモデルにしたNHK朝ドラ「エール」など、福島市はますます盛り上がりを見せています。

今回のドライブ旅は、前回から引き続き福島市西部エリア(1日コース)にあります「四季の里」をご紹介します。

IMG_8838

中世ヨーロッパ風の大規模な農村をイメージした「四季の里」は、公園の広さ約8ヘクタール(東京ドーム約2個分)もあり、四季折々の景観や伝統工芸、農産物直売やレストランまであり、周年利用型施設として年間約50万人の来園者が訪れるほど、県内でも人気の観光スポットになっています。

IMG_8809

充実した施設の中でも、私たちのおすすめ「アサヒビール園 福島四季の里店」は、福島工場直送の生ビールと3種類のジンギスカンが食べ放題のコースが人気です。

特にランチは混雑しているので、予約をしてから行かれることをオススメします。

IMG_8893

その他にも、園内の景色を眺めながら食事を楽しめる「農園レストラン」、100%地元産のそば粉を使った手打ちそばの「いなか亭」、園内中央には直径6mの大きな水車があり、この水車の中では季節ごとに変わるジェラートが味わえます。

IMG_8892

ゴムチップ入りの人工芝がはりめぐらされた屋内施設まであり、悪天候でもOK。しかも入園料も駐車場も無料、リーズナブルに休日を楽しめるので、子供連れのご家族には特に人気が高いようです。

◆福島の伝統工芸品「土湯こけし」が1,000円で作れる!

四季の里の数ある施設の中で、ぜひ立ち寄ってほしい施設の「工芸館」。

中央の入園ゲートからちょうど中央に見えるのが工芸館です。工芸館では、福島の伝統工芸、「こけしの絵付け」が体験できます。

IMG_8844

ここ数年は「伝統こけしが」海外などの若い女性の間で密かなブームだそうですが、実は福島市には、日本三大こけしと呼ばれる、土湯温泉の「土湯こけし」があります。宮城県鳴子温泉の「鳴子こけし」、宮城県蔵王町の「遠刈田こけし」とともに、こけし好きにはたまらない”こけし発祥の地”のひとつになっています。

IMG_8885

現在活躍している土湯こけしの工人と会話をしながら作業を見学したり、展示してある貴重な作品は、手に取って鑑賞することもできるんです。

IMG_8876

では、さっそく工芸館のスタッフさんの指導で、自分だけのオリジナルこけし作りにチャレンジしたいと思います。

◆いざ!ろくろを使ってこけしの絵付けに挑戦

簡単に土湯こけしの特徴を…

頭頂部に蛇の目模様、前髪と髪の間にカセと言われる髪飾り、クジラ目にたれ鼻、おちょぼ口、胴は細く、繊細なろくろの横縞模様が入っています。なんとも愛嬌のあるお顔ですね。

IMG_8889

まずは基本の特徴や失敗しないように絵付けする順番を教ります。

”好きなように自由に描いて大丈夫ですよ~”ということで、土湯こけしをモチーフにして誕生したマスコットキャラクター“きぼっこちゃん”風と、取材した私も実はこけし好きで、以前から気になっていた秋田県の木地山系のこけしをオリジナルで描いてみることにしました。

IMG_8682

絵付けのはじめは、ろくろに白木こけしを取り付け、左手でグルグルろくろを回転させながら、右に持った筆で白木こけしの頭頂部に色をつけていきます。“きぼっこちゃん”風は土湯こけしの特徴「蛇の目模様」を。

緊張で筆が震える~。

IMG_8679

私のオリジナルの方も、おかっぱ頭を描く時は、頭頂部は蛇の目模様を繰り返し髪を描いていきます。

IMG_8680

頭頂部の基礎が出来上がったら、こけしに目、鼻等を描いていきます。

筆で描くのは思った以上に難しい。

DSCN4439-min

胴に細く横縞模様を描くため、再びろくろを使っていきます。

手元も少しずつ慣れてきました~。

DSCN4448-min

表情も入ると一気に、こけしらしくなってきます。

愛情こめて描いていきました…

どうでしょう!初めてでも楽しんで絵付けできましたよ。
私だけのきぼっこちゃん、かわいく出来ました♡

見ているだけで、かなりの癒し…
お家に飾って長く楽しみたいと思います。

IMG_8686

最近ではおしゃれなショップやカフェでもディスプレイされているのを見かけるようになったこけしですが、土湯こけしの特徴を覚えておくと、「あ、ふくしまのこけし~」と見分けのつく”こけ女”になれるかもしれませんね。

IMG_8891

工芸館のスタッフさんが作ったこけし。ん…どこかで見たような3人…

友達同士で楽しく、福島を旅行で訪れた記念に。

自分だけのオリジナルこけしに、伝統こけしのイメージも変わるかも知れませんよ♪

◆公園の散策だけに終わらせない充実の施設

工芸館内のギャラリーでは、工芸館で製作されたガラス製品や土湯こけしなども展示販売されています。

また、無料休憩所もあり、四季折々の景色を目の前に、自由に気兼ねなく利用することも出来ます。

IMG_8863

四季の里は、公園の散策だけに終わらせない、大人も子供も楽しめるレジャースポットです。

IMG_8670

福島の四季折々の自然がいっぱいです。
春には、お花のじゅうたんが園内中に咲き誇ります。
ぜひ、訪れてみて下さいね。

【四季の里】
住所:福島県福島市荒井上鷺西1-1
電話:024-593-0101
入園料:無料
※こけし絵付け体験(1,000円)
開館時間 9:00~21:00(工芸館は16:30まで)
※施設の利用時間は各館ごとに異なります
休館日:年末年始
※施設点検での臨時休館あり
駐車場:あり

★ふくしまワンデイドライブFacebookページオープンしました★
https://www.facebook.com/onedaydrive/