お問い合せ

スタッフブログ

食べるアート!切る度に絵柄が変化する長門屋の「羊羹ファンタジア」@会津若松市

 2019.12.06 

こんにちは、トヨタレンタリース福島です。

今回はNHKでも紹介されたことのある、あのステキな羊羹で有名な「会津長門屋 七日町店」さんをご紹介します。

DSCN3901-min

本店は会津若松市川原町にあります。七日町店は2007年にオープン、今年の2月にリニューアルしました。レトロなのに何だか新しい佇まい!

◆絶対買いたい!ちょっと差がつくお土産に

店内も、モダンな中に和の雰囲気がしっかりと残っています。

明るく広々としていてゆっくりお買い物できそう。

DSCN3902-min

やはり中央にあったのは2017年発売「Fly Me to The Moon~羊羹ファンタジア~」(税込3,500円)

写真を見ると、知ってる!という方もいるかもしれません。長門屋で大人気の商品です。

DSCN3904-min

切る度に出てくる絵柄が変化し、三日月から満月へ鳥が羽ばたいていく羊羹なんです🐦三日月で止まっていた鳥が、徐々に満月に向かい羽ばたき、景色も少しずつ夜の帳が下りていきます。

パッケージも、福島県浪江町出身の日本画家舛田玲香さんの描き下ろしです🎨ファンタジーの世界感が表現されています。

DSCN4090

まさに食べるアート!

食べるのがもったいない…ですが、せっかくの機会に購入したので頂きたいと思います😍まず、このようにキレイにカットできるかなとドキドキ(笑)

DSCN3905-min

緊張しながらゆっくりとカット…何とかキレイな絵柄が見えました♡

味も上品で、シャンパンやレモンなどいつもとは少し違う風味を感じられると思います。見て美味しい、食べても美味しい、何度でも楽しめるお菓子ですʕ→ᴥ←ʔ♪

DSCN4101

しかし、羊羹を見るたびにどうやって作るの?と謎が深まるばかりですが、そこはやはり企業秘密…。職人さんの技術なんですね!

お好きな厚さに切り分けて良いとのことでしたが、7切れ前後だとお皿にも自立し、見て楽しめるとアドバイスをいただきました。

youkanzu

◆プチギフトにもぴったり!気になる和菓子が勢揃い

他にもかわいい✨お値段もお土産にちょうどいい✨という和菓子がたくさんあったので、ご紹介します。

「貝千年」(税込450円)

天然のハマグリの中に、貝の形をしたかわいい和三盆糖の詰合せが入っています。ホワイトデーや結婚式の引き出物として人気で、私たちもお土産に購入しました~。


この投稿をInstagramで見る

株式会社 長門屋本店(@aizunagatoya1848)がシェアした投稿

「ぽちあめ」(税込160円)

JR「行くぜ、東北!」キャンペーンポスターにも掲載されました。鳥は幸せの象徴、だるまは縁起物なので、お祝いやノベルティなど何にでも使えそうですね。

DSCN3910-min

「和三盆糖シュガーマドラー2本入り」(税込390円)

コーヒーや紅茶との相性も抜群のデザインシュガー。クラシックな和柄がいくつかあるので、好きなものを選んでみてください☕

DSCN3912-min

「起き上がり最中2個入り」(税込360円)

会津の縁起物「起き上がり小法師」の形の最中に、2種類の餡を入れて完成させます。自分で餡を入れて楽しむというのが珍しいですね❣

DSCN3931-min

本物の起き上がり小法師とセットでお土産にしたら、話題になること間違いなし💯

DSCN3933-min

長門屋のお菓子は、和菓子でありながら洋菓子のテイストも詰まっている、洗練されたものでした。

店内ではお菓子の試食はもちろん、ゆっくりくつろげる和カフェスペースもあります。七日町通りの散策に疲れたら、ホッと一息休憩に訪れてみてはいかがですか(´∀`)

【会津長門屋】
http://www.nagatoya.net/home
住所:福島県会津若松市川原町2-10
電話:0242-27-1358
営業時間 9:00~17:00
定休日:年末年始
駐車場:あり

会津の伝統“絵ろうそく”を「ほしばん絵ろうそく店」で自分好みに絵付けしよう@会津若松市

 2019.12.02 

こんにちは、トヨタレンタリース福島 タカハシです。

今回は歴史ある「ほしばん絵ろうそく店」さんをご紹介します。1772年の創業以来、現在は9代目が本物の絵ろうそくを作り続けています。

「ほしばん」のくるんとした書体がなんともかわいいですね。

DSCN3810-min

なんと、230年以上の歴史がある絵ろうそくのお店。

陣笠をかぶってお城に納めにいくような時代から営業しているそう。

DSCN3803-min

店内には様々な絵ろうそくの他、丸い形や会津の赤べこ、起き上がり小法師を模したものなど、沢山のろうそくが並んでいました。

DSCN3815-min

◆和ろうそくとは?

9代目店主の星さんから会津絵ろうそく(和ろうそく)の歴史や原料についてのお話を聞くことができました。

現在、会津の絵ろうそく店は4~5軒ありますが、昔ながらの技法で手作りしているのはここだけとのこと。

和ろうそくの原料は木蝋など植物性の蝋に対し、洋ろうそくは石油から採れるパラフィン。また、和ろうそくの芯はい草ですが、洋ろうそくは糸。製造方法も和ろうそくは機械を使用せずすべて手作りなので、1本1本が完成するまでにとても手間暇がかかっていることにただただ驚きました。

DSCN3822-min

和ろうそく(上)と一般的によく売られている洋ろうそく(下)との比較。

芯の太さから蝋の色味まで全く違います。芯が太いので炎がゆらゆらと揺らぎ、消えにくいという特徴もあります。

DSCN3828-min

ろうそくを完成させる作業は息子さん、絵付けは奥さま、最後の仕上げはご主人…と3人で分業して作業しているとのこと。奥さまは、植物図鑑を見ながら描けそうな花を研究し、それがうまく描けるととても嬉しいのだそう。

■ろうそくを作る工房

■ろうそくを作る工房

◆絵でも文字でも思いのままに絵付け♪

早速、絵付け体験。

絵ろうそくの絵付け体験は完成品と体験用の2本セットになります。本物はうっとりするほど繊細なタッチで描かれていて、こんなに上手にできるかなぁ…いや、できるわけない(笑)と話しながら、いざスタート。

DSCN3832-min

色を変えるときは水ですすいだ後に筆をよく拭いて乾かすこと(水分があるとうまく描けません)、色を重ねてもいいが乾かないうちに絶対に次の色を乗せないこと、など注意点を聞きました。

DSCN3836-min

見本となる絵ろうそくを眺めながら、何のお花にしようかな~としばし迷っていましたが、ふと、花にこだわらなくてもいいよね!と思いました。これからクリスマスだし、冬っぽい感じにしよう⛄と決めました🎄

DSCN3837-min

まずは下書きで、色の濃さを確認したり、絵の練習をします。

DSCN3847-min

どーん!とクリスマスブーツ…絵心がない👢

DSCN3848-min

サンタクロースに見えないけどサンタさんです💦

クリスマスをイメージしたからかもしれませんが、ゴールドやシルバーの色もあったら良かったなと思います🎄

DSCN3853-min

こちらは細かい絵を…雪の結晶を描いています✨

DSCN3850-min

難しいですが、慣れるとやっぱり楽しくなってきます♪

途中からは2人とも黙々と作業していました。

DSCN3854-min

1時間ほどでしょうか…それぞれ、完成しました!

とてもポップでクリスマス感満載の絵ろうそく🔔火を灯すとどんな表情になるのか、それもまた楽しみです🎄

DSCN3873-min

こちらはシックな感じにまとめた結晶の絵ろうそく✨

曲面に描いていくので絵と絵の間隔のバランスが難しく、やはり技術が必要な仕事なのだと実感しました。

DSCN3874-min

和ろうそくはお仏壇やお墓のイメージですが、今回のように自由にオリジナルの絵付けをすることで、インテリアとして飾ったり使ったりすることができます。

みなさんも、日本ならではのろうそくの“揺らぎ”でリラックスしてみませんか?

photo_date

令和2年2月7日~8日には鶴ヶ城で「会津絵ろうそくまつり~ゆきほたる~」が開催されます。ぜひ一度、雪景色に浮かぶ幻影をお楽しみください。

【ほしばん絵ろうそく店】
住所:福島県会津若松市七日町3-33
電話:0242-27-1873
営業時間 9:00~18:30
定休日:年末年始(12/31~1/3)
駐車場:あり(お店の斜め向かい)
※絵付け体験は要予約

老舗の和菓子店が作る惣菜パンが人気「吉田菓子舗」@会津若松市

 2019.11.26 

♦明治大正から続く老舗和菓子店が作る惣菜パン

こんにちは、トヨタレンタリース福島 サトウです。

今回のドライブ旅は会津若松市。県内でも人気の観光地ですが、ガイドブックには載らないような、地元の人しか知らない魅力あるお店がたくさんあります。

歴史ある会津の城下町では、やはり茶道・お菓子の歴史も深く、老舗和菓子店が多く並びます。

その中で、和菓子屋さんなのに”パンが人気?!”という「吉田菓子舗」をご紹介します。

IMG_7943

♦会津若松で創業100年以上の歴史を持つ老舗の和菓子屋

明治時代から続く「吉田菓子舗」。
100年以上の歴史を持ち、創業以来の手作りを守り、こだわりの和菓子からパンまで販売する地元で愛され続けているお店です。

IMG_7945

現在3代目としてお店を切り盛りされている店主の吉田弘治さん。
お店を継ぐ前は銀行員だったそうです。
作業場で働く姿は職人気質なイメージでしたが、お店が一段落した午後、和やかに興味深いエピソードなどを訊くことができました。

♦なぜ和菓子屋さんにパンが??

地元ではちょっとした名物になっている吉田菓子舗の惣菜パンと菓子パン。
人気のパンは、外からでも良く見えるように窓際に配置。
引き戸越しには、レトロなガラスケースにパンが鎮座しています。
IMG_7639

「実は、初代が最初に手がけたのは和菓子ではなく、パン作りだったんだよ。」
それは、戦時中の配給制度。
各家庭に配給された(とうもろこしの粉)を近所の方から預かり、何とか美味しいぱんに焼き上げて手渡ししたのが始まりで、時代が進むにつれ人工甘味料などが入り、甘い菓子パンを作り始めたそう。現在は若い人の趣向に合わせた惣菜パンが人気に。

特別に作業場を覗かせていただきました。

IMG_7605

年季の入った作業場では、一つ一つ丁寧に職人さんの手によって愛情たっぷりの惣菜パンが作られています。

IMG_7602

揚げたてのトンカツやコロッケが、パンに挟まれていく~。
この光景を眺めるだけで、なんとも贅沢な感じ。

IMG_7601

何十年と使い込まれた扇風機もフル稼働。存在感あるなぁ・・

♦売り切れ必須の人気商品、”カツサンド”

「午前中に行かないと、人気のパンは買えない!」という事前情報もあり、この日は9時半頃に到着。
次々に出来立てが、木枠のガラスケースに所狭しと並んでいきます。
手作りパンは、常時18種類ほど。
パンから上る湯気で曇るガラスもいい感じ。

IMG_7585

お目当ての1番人気”カツサンド”。
薄めの豚肉はこってりした甘めのソースとしっとりキャベツが挟んであり、もっちりとしたパン生地との相性もバッチリ。そしてこの値段。
午前中には売り切れてしまうのも納得です。

IMG_7572

2番人気は”ころっけ

IMG_7581

はむさんど”はどこか懐かしい~。

IMG_7625

あんやくりーむといった甘いパンも美味しいですよ。
この照り具合がたまりません。

IMG_7638

♦全種類制覇は10時半頃が狙い目

地元の常連さんは、全種類が揃う10時半めがけて次々と訪れます。
店主から聞いてはいましたが、職人さんも総出で対応に追われています。

IMG_7623

お目当てのパンは、お店の方に伝えて、ひとつひとつナイロンに入れて会計です。
IMG_7614

お店は狭いので混雑し、会計までは少し待ちますが、地元のファンはちゃんと並んで待っています。
人気のパンのトレーは空になっても、次々運ばれてきますので焦らずに。

IMG_7615

パンは保存料を一切使用していないそうなので、買った当日に食べて下さいね。次の日には硬くなってしまうので。

あぁ~”かれーパン”
IMG_7633

いつかは、全部制覇してみたいな!

♦創業以来の代表銘菓”巴もなか”

実は、会津若松の和菓子屋の中で、最初に最中を作り販売したのが、ここ吉田菓子舗。
看板商品は「巴もなか」。
上生菓子はお城の茶席ご用達です。

一口サイズとちょっと小ぶりではあるんですが、巴最中は沢山入っていて20個入り1,100円と安い。そして日持ちもするので、お土産にもおすすめです。
IMG_7587

小ぶりの焦がし皮に、中の餡も粘りのあるしっとり系。
緑茶だけでなく、コーヒーにも合う甘さでお茶うけにぴったり。

IMG_8002

初代の味を受け継いでいる。「なつかしい味を」と店に立ち寄る地元のファンのためにも、できるところまで続けたい。と弘冶さんは笑顔で話しを聞かせてくれました。

吉田菓子舗の昔ながらの惣菜ぱんは、どこか懐かしい味がして何度でも食べたくなりました。
また伺いますね。

■吉田菓子舗は、創業当時から会津若松でお店を構え、昭和20年代に七日町から旧市街地の馬場町に移転しています。お店の隣には、明治から続く鰻の名店”えびや” 通りの先には、わっぱめしで有名な”田季野”、歴史的建造物の会津若松市役所などもあり、城下町の風情たっぷりです。

IMG_7955

【吉田菓子舗】
住所:福島県会津若松市馬場町1-22
電話:0242-22-0985
営業時間
月~土 9:00~19:30
祝日  10:00~16:00(和菓子販売のみ)
定休日:日曜日
駐車場:なし(目の前にコインパーキングあり)
※営業時間・定休日は変更となる場合があるので来店前に要確認

路地裏の隠れ家で手間暇かけたランチ「華うつわ」@福島市仲間町

 2019.11.22 

◆福島駅周辺で一人でも入れる隠れ家的お店

こんにちは、トヨタレンタリース福島 サトウです。

今回は、当社の福島駅前店近くおすすめランチスポット福島市仲間町の「華うつわ」さんをご紹介します。

こちらはランチのみの営業。凝ったメニューで地元ファンの多いお店です。

場所は普通に歩いてるとそうそう見つけられない小道の奥にある隠れ家的なお店です。

IMG_7298

◆家庭的雰囲気の落ち着いた店内で頂く美味しい惣菜料理

早速お店の中に。
「いらっしゃいませ!」華うつわさんは、2人の若い女性が元気に切盛りしています。
カウンター席とお座敷があり、1人でも落ち着いて食事を楽しむことができます。

IMG_7342

小上がり席は広く、お子さん連れのお母さんでも安心してランチが食べられるお店だと思います。

IMG_7311

◆手間隙かけたアレンジがうれしい。贅沢なランチメニュー

ランチメニューは、30品目以上のおかずや雑穀ごはん、旬野菜など午後からパワーアップできそうな贅沢なメニューがずらり。
その日の気分で色々と選べるのが嬉しいですね。

IMG_7305

今回は男女問わずにファンの多い人気ナンバーワンのメニュー、お野菜たっぷりメインをお肉やお魚から選べる「椿ランチ・1,000円」。

IMG_7308

そのほか、麺がメインの「桜ランチ・1,500円」も選びました。

IMG_7324

”おまたせしました~椿ランチです”
メインで選んだ、豚肉にチーズと大葉を挟んで焼いたものは、一口食べると大葉の香りと、とろ~っととろけたチーズが豚肉に絡まり美味しい~。
感動したのは、だしをたっぷり吸った小松菜のおひたし。甘みが増しておいしく感じられます。
ワンプレートでもしっかりお腹が満たされました。

IMG_7332

桜ランチ」は目にも鮮やかな前菜のプレートと茶碗蒸しまで付いてくる贅沢なメニュー。
ここでもお野菜がしっかり摂れるのが嬉しいですね。

IMG_7340

メインは旬の牡蠣をつかったペペロンチーノ。もう!見ただけで旨いと言いたくなるわ~。
牡蠣の旨味がたっぷり、ニンニク、唐辛子、オリーブオイルを効かせたパスタはやみつきになること間違いなし。

IMG_7901

ドリンクとドルチェもついてプチ贅沢気分を味わえます。この日は濃厚なほうじ茶のプリン。

IMG_7314

メインはもちろん、手間暇かけた付け合わせがたくさん。いろんな味が楽しめて大満足。
椿ランチは日替わりになっているので、毎日通っているファンもいるそうですよ。
綺麗なお姉さん2人で営業されているのも人気の秘密かもしれませんね。

♦路地裏の隠れ家店はどこに??

華うつわさんは裏路地なだけに、たどり着くのがタイヘン。そこで、初めて訪れても順調にたどりつけるよう道順をご案内します。

福島駅前店から北方向に県道310号線に向い、陣場町(交差点)を直進して、そのまま万世町通りを進んでください。(市内新町の表示)が見えたら右折し県庁通りに入ります。

「華うつわ」さんへは、稲荷神社を目指すと分かりやすいです。

神社近くの東側には古くからある商店がある為、一方通行が多いです。気をつけてくださいね。

※中央通りは1車線の東から西に向かう一方通行の道路です。
IMG_7418

神社裏手の中央通り交差点を左折です。

路地裏にあるお店のため、駐車場がないので、稲荷神社隣の「福島市中央駐車場」を利用して、ここから徒歩での移動をおすすめします。お店まではここからは徒歩約5分です。

AAF207C3-6E51-4452-8237-8D07ABD78E3D

通称、北裡(きたうら)商店街をまっすぐ進み最初の信号を右折します。曲がると右手に「福島斎場」が見える通りに出ます。

1E0B462D-F6AA-4C5C-BA08-3708C502368E

この通りには、知る人ぞ知るシナモンロールとカンパーニュが人気のパン屋「Valo(バロ)」。その隣には、リーズナブルな値段で本格中華が味わえるお洒落な店構えの 「CHINESE DINING hiro」があります。

IMG_7351

通り沿い左側、数メートル先に「家庭の味・クリア」の看板があるので、これを見逃さないように。この看板がある細路地を入れば「華うつわ」が見えてきます。通り沿いに看板がないので、見逃すと必ず迷いますよ~。

IMG_7345

お店側から路地を見ると、こんな感じです。
気がつかず通り過ぎてしまいそうなほど…

時間があればぜひ近くの稲荷神社へもお参りしてみてくださいね。
稲荷神社は66代一条天皇の永延元年(987年)に陰陽師安倍晴明により創建され今年で1032年目、商売繁盛、厄除、八方除けなど、福島市民からは「おいなりさん」の愛称で親しまれています。

【華うつわ】
住所:福島県福島市仲間町1-2
電話:080-1857-5985
営業時間 10:00~17:00
ランチ  11:00~14:30
定休日:日曜日/第2・4火曜日
※人気店のため予約をオススメします。

文房具×カフェの融合~福島市「PENTONOTE&COFFEE」でのんびりとしたひと時を

 2019.11.19 

こんにちは、トヨタレンタリース福島 タカハシです。

福島市で、時間ができたときにゆっくりできて、ついでにちょっと仕事もできるようなカフェがあったら…。

そんな方にぴったりなお店、福島市の県庁通り商店街にある「ペントノート」さんをご紹介します。

◆ペンとノートのある暮らし

ペントノートさんは2012年にオープン、2018年9月に現在の場所へ移転しました。以前の店舗からとても広くなり、カフェも併設され、よりゆっくり文房具を楽しむことができるようになりました✨

DSCN3731-min

福島中央ビル2階にありますが、「街の洋食屋さん 菊原キッチンカロリー」の黄色い看板が目印。ここから入り、階段を上がればすぐです。

DSCN3730-min

お店へ入ると美味しそうなマフィンがお出迎え🎶

かわいい文房具とおしゃれカフェって女子が好きな組み合わせ~わくわく!

DSCN3760-min

店内にはあらゆる文房具が揃っており、きっとお気に入りの一品が見つかると思います。

DSCN3734-min

来年の手帳やカレンダー📓

1年間使うものだから、仕事や勉強がちょっとでも楽しくなるものを選びたいですね。

DSCN3735-min

2020年は東京オリンピック!こんな手帳はいかが?

DSCN3766-min

大人シンプルからキャラクター、クスッと笑えるものまでいろいろあって迷ってしまいます📚

DSCN3736-min

おめでたいお皿。普段使いできるおしゃれな雑貨や日用品もあります。

DSCN3738-min

こちらは「ニューレトロ」というブランド。ネットでも売り切れて買えないものもあるそう。

DSCN3741-min

レトロな色合いやモチーフを日常小物に落とし込んだ、どこか懐かしくて思わず顔がほころぶような文具シリーズです。

DSCN3758-min

ペンの種類は本当に豊富でした。

各種万年筆・インク、ボールペン、シャーペンなどを取り扱っています✒座ってじっくり試し書きができるスペースもあるので、万年筆をはじめたい!という方はスタッフにぜひ相談を。

DSCN3745-min

DSCN3746-min

去年の自分に出会える日記。

昔は日記をつけていましたが、また書いてみたいなぁ…と思ったり。

DSCN3759-min

◆カフェスペースで自分時間を

店内にはカフェスペースもあり、勉強や仕事をして過ごすこともできます。

DSCN3753-min

どのお客さんものんびりと過ごしていました。

DSCN3773-min

ゆっくり過ごせるソファ席も。あたたかな光が差し込み、会話が弾んでついつい長居してしまいそうです。

DSCN3767-min

お食事はランチタイム限定のプレートやパニーニ、スイーツ系のおやつパニーニなるものまであったり、種類豊富です!


この投稿をInstagramで見る

yuko(@xianyuko.0507)がシェアした投稿

今の季節限定「ほうじ茶のパフェ」(税込880円)を注文しました。 DSCN3780-min とろ~り黒蜜をかけていただきます。栗や白玉、底にもほうじ茶のゼリーとムースが入っており、最後まで秋の味覚を楽しめます🌰 DSCN3793-min こちらはアフォガード☕(税込550円) アイスがゆっくり溶けていくので、時間と共に味の変化を楽しんでください🍨 DSCN3777-min

クリスマスカードもたくさん入荷していましたよー🎄カフェでまったりしながら、お気に入りのペンで手紙を書いてみるのもいいかもしれませんね☆

【PENTONOTE&COFFEE】
http://pentonotelife.com/
住所:福島県福島市上町2-20-2F
電話:024-573-1590
営業時間 10:00~19:00
日・祝日 10:00~18:00
定休日:火曜日
駐車場:なし

JR福島駅前で車を借りるなら「トヨタレンタリース福島 福島駅前店」

 2019.11.12 

こんにちは、トヨタレンタリース福島です。

JR福島駅で車を借りたい方に便利な「トヨタレンタリース福島・ 福島駅前店」をご紹介します。

福島市は、花見山、磐梯吾妻スカイライン、フルーツライン、飯坂・土湯・高湯・岳といった趣の異なる温泉など見どころがいっぱい。また、ビジネス拠点としても幅広いお客様にご利用頂いているお店です。

IMG_7500

◆JR福島駅の正面玄関「東口」から4分

当店はJR東北本線福島駅(東口)から徒歩約4分の場所です。
詳しく道順をご案内します。

キャプチャ

福島駅には東口と西口がありますが、東口がメインになります。多くの商業施設があるほか、駅1Fにはおみやげが充実した「エスパル福島」や、福島名物「円盤餃子・照井」があり、駅前広場には福島にゆかりのある「古関裕而像」や花時計などがあります。

IMG_7423

東口に降りたら、ぜひ駅名標をご覧になってください。力強い「福島駅」の筆文字が彫り込まれたケヤキの板。縦1.8メートル、幅80センチもあるそうです。復興への思いと未来に向かって歩んでいる福島に幸福が訪れるようにという思いが込められています。

IMG_7431

来年春からNHK朝ドラのモデルになる作曲「「古関裕而」先生の像があります。朝8時~20時まで1時間ごとに古関メロディーが流れます♬

IMG_7433

東口正面を出たら、バスのロータリーがある方へ左折してくださいね。

9132C041-4682-4E71-B4BF-113C4477C7A2

ミスタードーナツが見えてきたら、右折です。ロータリーからここまで徒歩約1分。

IMG_7439

角に大きな「カラオケ館」のある交差点を左折してください。

3B4E66DB-A1FF-49B0-87CE-A9D7D514813D

ここから徒歩約2分、ビジネスホテル「リッチホテル」が見えてきます。

IMG_7442

リッチホテルの後ろ側にトヨタレンタリースの大型看板が現れます。

IMG_7451

徒歩約4分で到着です。

◆元気いっぱい!若さ溢れるスタッフがお出迎え

福島駅前店は、平均年齢23~24歳と若さ溢れるスタッフが日々お客様をお出迎えしております。お店の作りは決して大きくありませんが、リピーターのお客様も多くアットホームな雰囲気が自慢です。

ブログ写真②

店長を中心に”何時どんな時も笑顔で”がモットーです。

◆大好評!スタッフおすすめ「ラーメンマップ」

実は、福島市は数多くのラーメン店が立ち並ぶ、知る人お知る「ラーメンの街」。でも、どこがオススメかわからない・・・とお悩みの方に、お店のスタッフによるおすすめのお店のラーメンマップがあり、大好評をいただいています。中には行列必至の人気店もありますが、ぜひ、参考になさってくださいね。

IMG_7476

◆フリードリンクも充実

お客様には快適にドライブを楽しんでいただくために、無料ドリンクサービスをご用意しております。本格的なコーヒーサーバーを完備し、早朝からドリンクを買いにコンビニに寄る必要もありません。もちろん、テイクアウトもできますよ。お手続きの合間や出発時はお好きなドリンクをどうぞ。

IMG_7469

また冷たいドリンクも種類豊富にご用意しています。ドライブのお供にお好きな1本をお持ちくださいね。

IMG_7466

◆英語・韓国語が話せるスタッフによる外国語対応が可能なお店

訪日外国人のお客様にお応えできるよう、英語に加え、韓国語でのご案内可能なスタッフが「福島市の案内役」として便利でわかりやすいご案内をお客様に提供できるよう積極的に取り組んでまいります。

IMG_7474

来年春から朝ドラのモデルになる作曲家「古関裕而記念館」は福島駅前店から車で約10分。

前回記事▶2020年NHK「朝ドラ」決定 福島市出身の作曲家「古関裕而」の足跡がわかる記念館を一気にご紹介

2020年東京五輪の野球とソフトボール競技が行われる福島市の「県営あづま球場」までは車で約25分です。

観光やビジネスでお越しの際は、笑顔が素敵☆元気いっぱいの福島駅前店をぜひご利用ください♪お待ちしております。

まだまだある!ウルトラマンの街~須賀川市の松明通りを散策♪

 2019.10.25 

このたびの台風19号により、須賀川市は大きな被害を受けました。被災された皆様に心よりお見舞を申し上げます。幸い、本記事にあるベーカリータマキヤさん・大束屋さんでは被害なく通常営業されています。お店までの道路状況にも影響がないそうですので、どうぞよろしくお願いいたします。(取材日時9月25日)

◆日本三大火祭り「松明あかし」

こんにちは、トヨタレンタリース福島 タカハシです。

須賀川観光スポット巡り、最後もまだまだウルトラマン巡り!をご案内したいと思います。

※前回記事はこちら↓
▶飛行機に乗らなくても楽しめる!ウルトラマンが待つ「福島空港」は子供に大人気

須賀川駅前からまっすぐに延びる「松明(たいまつ)通り」は「ウルトラマン通り」と言っても過言ではないかもしれません(´∀`)♡

そして松明といえば、11月9日(土)日本三大火祭りのひとつに数えられる須賀川市の伝統行事「松明あかし」が翠ヶ丘公園内の五老山で行われます。

IMG_4430

当日は長さ10m、重さ約3tもある大松明を若衆150人で担ぎ、街を練り歩きます。伊達政宗の軍勢が須賀川城を攻め落とした際の様子を表す行事で、通常のお祭りとは少し異なり、鎮魂の意味合いがあるそうです。

IMG_7099

須賀川駅からも徒歩15分ほどです。

◆食べられる?美味しいウルトラマン

まずご紹介するのは「ベーカリータマキヤ」さん🍞

学校給食のパンなどを製造していますが、なんとウルトラマンのパンも作っているとか…!

160-min

ありました、ウルトラマンパン☆

瞳の部分がビスケット生地になっていて、しっかりウルトラマンの顔です。子供から大人まで食べられるやさしいクリーム味で、一番人気で夕方にはなくなってしまうことも多々あるそう。

162-min

実は、3倍大きいウルトラマンパンもあります☆

比較してみるとこんなに大きくて、掌におさまらないボリューム。これならみんなでシェアできるし、インスタ映えするかも…?

DSCN3645-min

こちらはウルトラマンどら焼き

あん・クリーム・あんバターの3種の味があります。

DSCN3642-min

どら焼きにはかわいい焼印が。ガブリ~男の子はきっと大喜びでしょう。

163

他にも店内はウルトラマンのフィギュアがたくさん。あ、ウルトラマンの赤べこも!

DSCN3643-min

予約可能なので、心配な方はお取り置きしてもらいましょう。(特に3倍大きいウルトラマンパンは要予約)

◆円谷英二のプライベートを覗ける!?

こちらは、「ウルトラマンオフィシャルショップ SHOT M78 大束屋(おおつかや)」さん。なんと、ここ大束屋で円谷英二監督は生を受けたのです。

DSCN3646-min

こちらはショップでもありますが、資料館も兼ねています。所狭しと並んでいるのは、ウルトラマンに関連する写真からサイン、円谷監督が幼少期に使用していたカメラや映写機まで…。

DSCN3647-min

須賀川オリジナルグッズは全商品取り揃えているという力の入れようです。「吉野屋」さんは同じ松明通りにあり、絵のぼりで有名です。NHK「あさイチ」に出演したこともあるんですよ~。

DSCN3650-min

ウルトラマンサイダーしか置いてなかったのでジュースはありますか?と聞いたら「あるよーちょっと待ってて!」と奥のほうから持ってきてくれました。まるで、何でも屋さん(笑)

DSCN3651-min

また、松明通りにはいたるところにウルトラマン像があります。

須賀川の人たちは普通に通り過ぎていましたが、私たちはどのキャラにも興味津々👀

DSCN3659-min

ライトも設置してあって、こちらの怪獣も夜になるとよりリアルに?恐怖感いっぱいに?存在するのでしょう。

DSCN3664-min

同じポーズで記念撮影も📷🎶

187

186

◆安達太良SAにウルトラマン出現

高速道路を利用するなら、ぜひ寄ってほしいのが東北自動車道の安達太良SA。

さっそく行ってみると…夕暮れの中で、誰かがこっちを見てる!

DSCN3676-min

「ウルトラマンティガ」です!

円谷プロダクションとのコラボレーションにより、下り線にティガの立体像と自動販売機が設置されています。立体像は声が聞けたり、目や額、胸などにあるランプが点滅するなど、楽しめる驚きの仕掛けが組み込まれているんですよ♪

上り線には「ウルトラセブン」がいます。ぜひ探してみてくださいʕ→ᴥ←ʔ☆


この投稿をInstagramで見る

福島ワンデイドライブさん(@toyota.rent.a.car_fukushima)がシェアした投稿

◆ファミリーカーにおすすめなシエンタ

今回使用したシエンタハイブリッドは、3列シートでありながら荷物もたっぷり乗ります。

低床&フラットフロアなのでお子さまの乗り降りもしやすく、「Toyota Safety Sense」搭載などパパママにうれしい機能もたくさんです。

IMG_6925-min

おじいちゃんおばあちゃんと一緒の時は3列目を使用、3列目を使用しない時はシートを2列目の下に格納するとベビーカーを折り畳まずに乗せることができます。

ぜひご家族みんなで秋の須賀川を散策してみてください🚗

IMG_6927-min

【ベーカリータマキヤ】
住所:福島県須賀川市中町17-1
電話:0248-75-3221
営業時間 8:00~18:00
定休日:無休
※営業時間・定休日は変更となる場合あり

【ウルトラマンオフィシャルショップ SHOT M78 大束屋】
https://m78shop.jimdo.com/
住所:福島県須賀川市中町14
電話:0248-73-2488
営業時間 10:00~17:00
定休日:火曜日

田園風景を楽しみながら頂く絶品シフォンケーキ♪「cake&cafe’ fon」@福島県玉川村

 2019.10.22 

このたびの台風19号により、県南地域は大きな被害を受けました。被災された皆様に心よりお見舞を申し上げます。幸い、本記事にあるcake&café fonさんでは被害なく通常営業されています。お店までの道路状況にも影響がないそうですので、どうぞよろしくお願いいたします。
(取材日時9月25日)

◆福島県玉川村で噂のシフォンケーキとは?

こんにちは、トヨタレンタリース福島 サトウです。

ドライブにぴったりな季節が到来♪秋ならではの美しい景色を楽しみながら絶品スイーツを探す旅などいかがでしょうか?

今回は、午前中であっという間に売り切れてしまうという大人気のシフォンケーキ専門店cake&café fonさんをご紹介します。

ここでは、それまでのシフォンケーキのイメージが変わると言われる絶品シフォンケーキがいただけるんです。

072

場所は石川郡玉川村。福島空港からも車で10分、国道118号線沿いののどかな田園風景の中に佇む小さなカフェです。

IMG_6826

この緑色の小さな看板が見えたら、なだらかな高台にお店があります。

078

オレンジ色の屋根を基調とした可愛らしい外観。さっそく中にお邪魔します~。

◆店主さん直伝!ふわふわシフォンケーキのコツとは?

IMG_6837

中に入るとメレンゲの甘~い香り。ショーケースにずらりと並んだカットシフォンケーキは、その種類の多さにビックリします。人気の味は、すぐに売り切れてしまうことも。この日は気さくな店主の須藤さんに、シフォンケーキ作りのこだわりも聞いちゃいました♪

081

「お好きなお席へどうぞ…」

木の温もりあふれる落ち着いた雰囲気の店内では、イートインもあり、大きな窓の外には緑豊かな田園風景♪

IMG_6820

好きなケーキをドリンクとセットでの注文がオススメ。ドリンク付きで500円とは、良心的で嬉しい~。

カフェタイムのシフォンケーキはもちろん、ランチにはベーグルセットなどもいただけます。

IMG_6829
「お待たせしました~」ショーケースの中から選んだのは大納言のシフォンケーキにホイップを添え、紅茶をセレクト。

ずばり、感想は…

「今まで食べたシフォンケーキとは全然違う!」

口に入れた瞬間にとろけるやわらかシフォンは、ふわっふわでしっとりとした食感で美味しいの一言🍰

IMG_6840

店主の須藤さんに美味しさの秘密は?「それは企業秘密~(笑)」
でもちゃ~んと教えてくれましたよ。

「メレンゲが命!」なのだそうです。

メレンゲの立て方がいちばん重要。厨房を覗くとアメリカ製のミキサーが何台も並んでる~これが秘密兵器…。また、生地を逆さまにして冷ますことで、重力で生地の底のキメが潰れないそう。材料にもこだわったシフォンケーキは、保存料を一切使わず、手間暇惜しまず、丸2日かけて丁寧に作られています。

093

ホールで買っても17cmのプレーンで1,200円。1cutも200円とお手頃価格。いろんな味を組み合わせて買って帰るのがおすすめです。職場の男性陣も”これはおいしい!”と大好評でした。

IMG_6822

どれを食べても幸せな気持ちになれるシフォンケーキ。

ドライブの途中、ゆったり田園風景を眺めながらほっとひと休みするのにぴったりなお店です♪

【cake&café fon】

住所:福島県石川郡玉川村川辺池下154
電話:0247-57-4422
営業時間 10:30~18:30 L.O 17:30
ランチ 11:00~15:00
定休日:月曜日、第2火曜日
駐車場:6台
※材料がなくなり次第終了となります。
※事前に電話で在庫確認をすることをお勧めします。

【お見舞い】台風19号による被害を受けられた皆様へ

 2019.10.18 

台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

このたびの台風は、取材でお世話になりました各地にも甚大な被害をもたらし、今もなお、断水・停電が続く地域があります。

被害に遭われた方々へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

    トヨタレンタリース福島 管理部ブログスタッフ

畳の「へり」ってこんなにかわいい♪ミニ畳&ファブリックパネル作り体験@久保木畳店

 2019.10.15 

このたびの台風19号により、須賀川市は大きな被害を受けました。被災された皆様に心よりお見舞を申し上げます。幸い、本記事にある久保木畳店さんでは被害なく通常営業されています。お店までの道路状況にも影響がないそうですので、どうぞよろしくお願いいたします。(取材日時9月25日)

◆日本の伝統を未来へ

こんにちは、トヨタレンタリース福島 タカハシです。

今回は須賀川市にある「久保木畳店」さんをご紹介します。

その歴史は約280年前の江戸時代からと聞き、びっくりです。初代当主によって現須賀川市東町地区で創業し、以後14代にわたり伝統ある畳職を家業として今日に至っているそうです。

「畳店」と聞くと、畳の販売とお直しくらいかな…と思っていたのですが「久保木畳店」さんと出会って、畳や畳縁の魅力を再発見しました✨

103-min

◆「へり」で作れるたくさんのアイデアグッズ

久保木畳店の久保木喜恵子さんにお話を伺いました。

畳をより身近なものにするために「久保木畳店」さんオリジナルブランド『Herry.K』(ヘリーケイ)を展開しているそうです。畳縁を使って、バッグやポーチ、その他にもオリジナル雑貨を製作・販売しています。

畳の「へり」は岡山・倉敷へ見学に行った際に、こんなにも種類があることを知り、それから様々な「へり」を取り寄せているそう😃

■シンプルで選びやすい色合いの畳へり

■シンプルで選びやすい色合いの畳へり

ドットや幾何学模様、動物🐱などcuteなものから…

106-min

華やかな花柄🌸まで…種類豊富な畳縁はすべて1m単位で購入することができます。

108-min

では、どんな使い方があるのかというと…?

こちらはミニ畳(畳台)です。お気に入りのお人形や茶器、グラスなんかを飾ってみたりと好きな使い方ができますよ。

109-min

他にはご祝儀袋も…!人とちょっと差を付けたい方、もらったほうも珍しくてうれしびっくりですよね~♡

110-min

こちらはペンケース✏シックな色が気に入りスタッフも購入!2020年のオリンピックに向けて、市松模様はじわじわと人気急上昇。

111-min

女性ならヘアゴムやピアスから取り入れてみても。今はハロウィン限定柄がありましたよーかわいらしいオバケ👻

112-min

夏は雪駄なんかも…季節によってどんなものを製作してくれるのか楽しみです。


この投稿をInstagramで見る

久保木畳店さん(@kubokitatamiten)がシェアした投稿

◆オリジナルのミニ畳手作り体験がなんと1,000円!

畳をより身近に感じてほしいとの思いから、久保木畳店さんでは「ミニ畳の手作り体験」を開催しています。私たちも早速体験させていただきました!

はじめにミニ畳のへりを選びます。ダルマもかわいいし、トンボも秋らしくてシックだし…たくさんの種類があり本当に迷ってしまいます。

107-min

ちょっとゴージャスで格調のある柄を選びました。まずはタッカーでへりを止めていきます。丁寧に手順を教えてもらえるので安心。

115-min

きりを使って畳とへりの端を押さえ、ホッチキスを一直線に打っていきます。バチンバチンとすごい音ですが、でもこれが快感!畳職人さんになった気分です♪

117-min

左右を終えたら、裏返しにして裏処理をします。

118-min

裏も同じようにホッチキスで押さえていき、最後は四隅をきれいに織り込んでホッチキスで押さえます。

119-min

完成!意外に簡単。15分ほどでできてしまいました。

120-min

玄関に置いて、鍵や印鑑ケースの置き場に使おうと思います。

1,000円でオリジナルのミニ畳が製作できるなんて、お得で楽しい体験でした。

◆マリメッコの生地は久保木畳店だけ!

久保木畳店さんでは、畳の他にカーテンやクロス、襖などの取り扱いもあります。

特に北欧柄で人気のマリメッコ🌼は県中・県南ではここだけ!ということで、マリメッコの壁紙を使ったファブリックパネル作りも体験させていただきました。

121-min

まずは、先程と同様に好きな柄を選びます。ウニッコ柄だけでもこんなにいっぱい。

こちらも使用する道具はすべて揃っているので手ぶらでOKです。

122-min

パネルを貼る部分に十字の印をつけていきます。

123-min

平刷毛で専用ボンドをたっぷり付けて…モノ作りなんて久々で、小学校の図工の時間を思い出します。

124-min

貼り付けたら空気を抜き、サイドの折り目をしっかりとつけます。

135-min

クロスが重なる部分は最小限になるよう、角を三角にカット✂

137-min

パネルのサイドにもしっかりと糊付けをして、あとは余分な糊を拭き取ります。

145

こちらも完成!

難しい部分もありましたが、先生が優しく教えてくれたのでお気に入りのファブリックパネルを作ることができました。玄関?リビング?どこに飾ろうかな~とさっそく妄想。

146

ミニ畳や「へり」は進化し、このような用途があることに驚きました。ファブリックパネルは1つ飾るだけでお部屋が明るく、おしゃれになりますよね。どちらもオリジナルで作ることができるのが魅力的です。

久保木畳店さんでは、月に1回、ワークショップを開催しているとのこと。畳台、ファブリックボード、季節の小物などを製作できます。気になる方はお店にお問い合わせください♪(ファブリックボード作り体験は3,000円となります)

◆須賀川市民のソウルフード「くまたぱん」

久保木畳店の向かいにあるのが「くまたぱん本舗」です。

「くまだ」じゃなくて「くまた」ですよ~(笑)

IMG_6924-min

“秘密のケンミンSHOW”でも紹介されたことのある、須賀川市民のソウルフード。くまたぱんは、黒糖水に小麦粉を混ぜて練り上げ、こしあんを包み込んでこんがり焼き上げた素朴なお菓子です。

IMG_6905-min

食べると想像通り甘いですが、渋いお茶とよく合います🍵砂糖なしのくまたぱんもあるので、甘すぎた!という方や男性にはこちらがいいかもしれません。

IMG_6907-min

お土産にぜひどうぞ♡

【久保木畳店 東町店】
https://tatami-jp.com/
住所:福島県須賀川市東町39
電話:0248-73-2852
営業時間 10:00~18:00
定休日:火曜日・第4日曜日

【くまたぱん】
http://www.kumatapan.com/
住所:福島県須賀川市東町53-5
電話:0248-73-2941
営業時間 7:30~19:00
定休日:火曜日(祝日の時は翌日)