お問い合せ

スタッフブログ

会津漆器の老舗が運営する蔵カフェ「中の蔵」@会津若松市

 2019.12.24  会津地方

◆江戸時代創業「満山漆器店」が営む土蔵Cafe

こんにちは、トヨタレンタリース福島 サトウです。

今回は、江戸時代創業、満山漆器店の築250年の土蔵(作業蔵)を改装した店内で、実際に会津漆器を使用しながら美味しいコーヒーやスイーツをいただける、あんてぃーくCafe 「中の蔵」さんをご紹介します。

IMG_8281

満山漆器店がある会津若松市大町は、約400年以上にわたる会津の歴史と町人文化が色濃く残った町。戊辰戦争後の会津の復興のひとつ会津漆器などの由緒ある店や歴史を感じる建造物がたくさん残っています。
中の蔵は散策の途中、ちょっと一息にはぴったりのCafeです。

IMG_8389
NHK Eテレ『ふるカフェ系 ハルさんの休日』でも取り上げられた中の蔵さん。俳優、渡部豪太さんがくつろいだ席や裏話なども聞けるかもしれませんよ。

◆日本の名城 鶴ヶ城と同じ「赤瓦」の屋根が目印

実は「中の蔵」の屋根は、日本の城では唯一「赤瓦」を使用した鶴ケ城と同じなんだとか。

IMG_3349

瓦にうわぐすりを塗って焼くことで赤みが出る赤瓦、このおかげで瓦の強度が増し、会津地方の厳しい冬の寒さにも耐えられたそうです。

歴史の重みを感じます。

IMG_8421

興味深く漆器店の奥に。

Cafeがある土蔵の中はいったいどんなだろう…。

◆「中の蔵」はどんな場所?

漆器店の横の路地を入ってゆくと、暖簾がかかった入口があります。

「中の蔵」はその先の様子。

IMG_0987

暖簾を潜ると、アンティークな道具からなんと漆器製品もお手頃な価格で販売されています。

手に取ると立派な漆器の数々。

「この値段でいいんですか…」

IMG_8306

さらにその奥に入ると中庭があり、カフェの蔵が見えてきました。

IMG_7820

後から店主にお話を伺うと、道に面した”新蔵”、奥にある”裏の蔵”、そして真ん中の”中の蔵”なるほど~。

◆漆器が身近に感じるレトロな空間

カフェの中は土蔵を改装しているので天井が低く、漆は紫外線を嫌うということで、蔵の中は小さな窓が一つだけ。

静かに流れるシャンソンのメロディーに、レトロな照明や柱時計など、調度類の古さも味わいがあって不思議と落ち着く空間です。

IMG_8318

会津の冬らしく、薪ストーブが良い雰囲気。

パチパチといい音をたてて薪が燃えていて、火の暖かさが心まで温めてくれます。

IMG_8311

漆器だけじゃなく、明治時代の貴重な写真や仕入帳まであり、小さな博物館のようです。

帳簿をめくってみたいけど、年代物すぎて見てるだけ~。

IMG_8322

店内は所狭しと満山漆器店オリジナル会津塗の漆器が並んでいます。

江戸中期につくられたお宝らしきものまで??眺めているだけでも楽しいです。

◆幕末を感じる店主のこだわりメニュー

漆器店とCafeの店主の満山順一さん。実は、塾の先生もされているという異色のご主人。一緒にCafeを切り盛りしている奥様の美智子さん。明るく常連さんとの会話を楽しんでいます。

IMG_8391

2018年に戊辰戦争150年を迎えた会津。

中の蔵さんのメニューは、当時の会津藩士に思いをはせつつ頂くセットメニューが人気です。
スイーツをはじめ、軽食、店主こだわりのドリンクも揃っているので、お好みのものをチョイスしてみてくださいね。

IMG_8364

毎週水曜日だけ米のメニューが登場する、1日10食限定の玄米ランチは、福島県の米「天のつぶ」を使用しているそうで、すごく気になります~。

IMG_8363

会津若松と言えばNHK大河ドラマ八重の桜にちなんだ「八重の茶室セット 水出しコーヒー付き 770円」を頼みました。

一口サイズの最中や桜餅がちょっと一休みにちょうど良いです。

IMG_7846

漆器でいただく店主こだわりの水出しコーヒーは格別。

水のおいしい会津ならではのひと品です。

IMG_7841

「白玉ぜんざいセット 580円 」ぜんざいは上品なあんこの甘さがちょうど良く、なんと言っても塗りの器が手にあたたかく、とても馴染んできます。

IMG_0995

「サムライパフェ 455円」と以前から気になっていた「サムライコーヒー 560円」別名(会津藩士のコーヒー)も頼んでみました~。

IMG_8340

サムライコーヒーの謂われは、会津藩士が脚気予防に以前は煎った珈琲豆をすり鉢で摺って、麻の袋に入れて煮だして飲んでいたことがはじまりのようで、こちらでは珈琲豆をすり鉢とすりこぎで摺って、あらかじめ挽いてある珈琲が入った急須で濾していただきます

IMG_8352

コーヒーは見た目は濃厚ですが、飲み口は以外にスッキリしています。パフェは想像以上に可愛らしく、小さなのぼりが乗った会津ならではのスイーツに心が和みました。

IMG_8383

店内にふわり漂う珈琲の香り。

次回は常連さんが座るというカウンター席で、ゆっくり会津時間を過ごしてみたいな。

会津漆器の良さは何と言っても「ぬくもりと使い込む楽しさ」と伺いました。

自分用の漆器を気軽に選ぶのも楽しくなるCafeにぜひ訪れてみてくださいね。

【あんてぃーくcafe 中の蔵】
住所:福島県会津若松市大町1-3-51
電話:0242-22-0454
営業時間 11:00~17:00
定休日:木・日・不定
駐車場:あり


<<   |   >>