お問い合せ

スタッフブログ

城下町の老舗洋食レストランで定番料理のランチ「葡萄屋」@会津若松市

 2019.12.13  会津地方

◆創業昭和50年、会津の欧風家庭料理レストラン

こんにちは、トヨタレンタリース福島 サトウです。

今回は、会津若松市のシンボルである鶴ヶ城から車で5分、こだわりの欧風料理が楽しめるレストラン「 葡萄屋」をご紹介します。

鶴ヶ城から徒歩でも15分程度の場所なので、城下町の雰囲気を感じながらのんびり歩いて向うのもオススメです。

IMG_7936

◆老舗の味を手軽に味わうならランチがおすすめ

「葡萄屋」は会津若松屈指の老舗洋食店なので夜のメニューはそれなりの価格ですが、ランチなら比較的リーズナブルに味わえるということで、平日のランチ時には地元のビジネスマンやマダムたちで混雑しています。

ランチは11:30~14:00まで。13:00頃だとスムーズに案内されるようですよ。

IMG_7937

◆落ち着いた雰囲気で楽しむ定番の洋食メニュー

扉をひらくと、アンティークのテーブルやライトが優雅な雰囲気を醸し出し、ゆったりとした時間が流れています。

お店はシェフであるご主人とホール担当の奥様のおふたりで営んでいますので、提供には少し時間がかかることもあるようです。

IMG_7753

ランチメニューです。

ハンバーグやビーフカレー、ボルシチなど3種類。今回は3人で伺ったので3種類のランチを注文しました~。

ランチメニューはドリンクつきですが、日曜祝日のランチにはアイスクリームが付いてくるそうですよ。

IMG_7755

まずはハンバーグ。

ハンバーグセットは38年の歴史があるそうで、コクのあるじっくり熟成させたデミグラソースが絶品。ふっくらジューシーで極上のハンバーグ、いち押しです。

IMG_7760

”欧風ビーフカレー”

大きくカットされた弾力のある牛肉も、トロトロとお肉にしっかりソースが絡まりたまらないお味に。葡萄屋さんのデミグラソースはコクがあり歴史を感じさせるお味です。

IMG_7767

地元でランチメニューでも人気の”ロシア風ボルシチ”

大きくてホロホロでとても柔らかやわらかい牛肉は、あっっという間に口の中でなくなっていきます。ビーツを使い、赤いスープのコクと旨みが、野菜と牛肉にしっかり煮込んであり、日本人好みの味に心がホッと温まるひと皿です。

IMG_0940

ランチ時にはボルシチにのみ、名物の厚切トーストがついてきます。

この組合わせがまた絶妙。これで1,000円はお得。

IMG_7761

ランチは気軽に食べられておすすめですが、夜は落ち着いて食事ができ、レトロモダンな雰囲気が心落ちつく素敵な時間を過ごさせてくれます。デートにも◎手間と時間をかけた洋食を、ゆっくり堪能してみてくださいね。

■写真:AIZU・TV 噂のビーフシチュー 2,900円

■写真:AIZU・TV
噂のビーフシチュー 2,900円

牛肉の美味しさに、次回はちょっぴり贅沢な噂のビーフシチューを食べてみたいなぁ…。

◆鶴ケ城から情緒ある雰囲気を楽しみ葡萄屋へ

それでは、鶴ヶ城から葡萄屋までの道順をご案内します。

鶴ヶ城の北出丸入口に通じる道路「北出丸大通り」を通ります。昔は家老屋敷が立ち並ぶ通りで、明治末頃ソメイヨシノの並木ができました。

木々の間から鶴ヶ城の天守閣が見えます。

IMG_7772

沿線にある歴史的文化遺産を背景として生かし、道路両側に約50本の桜があり、城跡の表口として花見のメインストリートになっています。
ここから眺めるお城の景色が一番好きだなぁ…。

IMG_7929

この通りには「写楽」で有名な宮泉酒造があります。この交差点を右折します。
日本酒が人気の会津地域。ここ宮泉酒造では酒蔵で直接お酒が購入することもできますよ。

IMG_7932

交差点をすすむと、突きあたりに「会津若松酒造組合」が見えてきますので、ここを左折です。城下町の名残から、ここから一方通行です。

IMG_7934

数メートル先に会津若松市鶴城小学校が見えてきます。

そのお隣、周辺の木々に囲まれた可愛いレストランが葡萄屋です。

IMG_7940

会津観光の際に、そして普段のランチやディナーに…。ぜひ、足を運んでみてくださいね。

【葡萄屋】
住所:会津若松市東栄町7-31
電話:0242-27-4462
営業時間
[ランチ] 11:30~14:30 L.O.14:00
[ディナー]18:00~20:30 L.O.20:00
定休日:火曜日
駐車場:あり


<<   |   >>